勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<迷言>税金は金持ちからとるべきだ!(怒)
負け組父さんに限らずほとんどの人は「税金はお金のある金持ちからもっととるべきだ!」と主張します。しかし実際に金持ちの税金は安いままです。これはなぜでしょう?



無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


ロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んだことのある人ならお分かりだと思いますが、アメリカではEクワドランドやSクワドランド(被雇用者、自営業者)の税金は高く、BクワドランドやIクワドランド(ビジネスオーナーや投資家)の税金は安い状態です。それにはいくつかの理由があります。

 

 

  • 【理由その1】 税金を決めるのは金持ちであるから
    国の重要ポストに就く人はどの国でも”お金持ち”やその関係者です。たとえ民主的に庶民から選ばれた人でもお金持ちの支えなしには政権につくことはできません。ゆえに税金を決める政策には常にお金持ちの意見が反映され、当然お金持ちの税率は低くしろという要求がくるのです
    ただし、いきなり0にしろというバカな金持ちはいません。そういった傲慢な政策は長く続かないことを歴史が証明しているので、庶民が暴動を起こさないようにギリギリのレベルに抑え、なおかつ庶民にわからないようにするのです。


  • 【理由その2】 金持ちよりも庶民のほうが税金を取りやすい
    これも単純な理屈です。金持ちというのは概ね税金に関してとても敏感でなかなか払おうとしません。しかしそれに対して庶民は税金の知識もなく反応も鈍いのでとりやすいのです
    たとえば税理士1人を騙すのと小学生10人を騙すのとどっちが楽でしょう?当然後者ですね。たとえ1人の額が小さくても数をこなせばお金は集まるのですから。


  • 【理由その3】 税金を高くすると金持ちは海外へ逃げてしまう
    お金持ちというのは税金に敏感ですから高い税金をかけられると税金の安い国へさっさと移り住んでしまうのです。庶民にはできませんがお金持ちですから移住は簡単です。タックスヘイブンという税金のとても安い国に移住してしまうのです。少し前ハリー・ポッターの翻訳者がスイスへ移住したのが話題になりましたが、その理由はスイスのほうが税金が安いからです。このように下手に税金を高くすると海外へ行かれてしまい、とりっぱぐれてしまうのでお金持ちの税金は高くできないのです



 

 

以上のようにお金持ちの税率が低いのはちゃんとした理由があったのです。もし下手に税金を高くすると国内の優秀なお金持ちたちがみんな出て行ってしまい国の重要な人がいなくなってしまいます。人材の空洞化が起こり、経済は落ちてしまうので結局庶民にしわ寄せがきてしまうのです

 

「税金は金持ちからとれ」と叫ぶのは止めて、自分の所得を上げて税金の少ない金持ちになるほうを考えましょう!このブログで紹介しているように今ならネット収入の方法がたくさんあります!

 

 

スポンサーサイト

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/95-f46c128a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。