勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

<基本?>通貨の価値
お金の価値ってよくわかりませんね。ただの紙切れに一万円と書かれているだけなのにこの紙だけで米を5kgと交換してくれる価値ある紙。だけどなぜそんな価値を相手が認めてくれるのか考えたことはありませんか?



無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


 

私たちは

 

お金=価値あるもの

と強制的なイメージがあります。幼いころからなんとなく頭に刻み込まれてしまったもので、この思い込みが通貨価値(円高や円安)をわかりにくくしているんです。

ではどうしてお金=価値あるものなのでしょうか?

それはその紙切れに一万円という価値があることを保証してくれるところがあるからです

 

 


 

 

 

「 商品券 」 を例に考えてみましょう。

 

商品券は使える店と使えない店がありますね、使えるところはなぜ商品券という紙切れを使ってモノが変えるのでしょうか?それは商品券には価値があるということを商品券を発行している団体が保証してくれるからです。お店はその商品券を保証してくれる団体にもっていけばちゃんとお金に換金してくれます。だから商品券が価値のあるものとしてお店で取り扱ってくれるのですね。

 

 

今度は 「 図書券 」 を考えてみましょう。

 

これも商品券と同じで図書券にお金と同じ価値があることを発行している日本図書普及株式会社が保証してくれるのです。ここに図書券をもっていけば換金してくれますね。だから本屋は安心して図書券をお金と同じように扱ってくれるのですね。

 

 

 

では再びお金を考えて見ます。お金には正式名称があることをご存知ですか?

 

「 日本銀行券 」 といいます。

 

これを商品券や図書券と同じように捉えてみると、価値を保証してくれるところがあります。銀行ですね。しかもただの銀行ではなく銀行の銀行・・・日本銀行です。ということは 「 円 」 というのは日本銀行が保証してくれるから価値あるものとして取り扱ってもらえるのです。

 

そもそも明治には銀行が自由に銀行券を発行してよかったのです。今でいうなら「三菱東京UFJ銀行券、三井住友銀行券、みずほ銀行券」といったものがあったのです。しかしいろいろあってめんどくさいので銀行の番人の日本銀行だけに統一されたのです。

 

 

 


 

 

 

では、仮にこの保証してくれるところが信用できないところだった時を考えて見ましょう。

 

2007年にL&G社が仮想通貨 「 円天 」 を発行し、寄付金つのって破産しましたね。この場合は「円天」というお金を保証してくれるのはL&G社になります。しかしこのL&G社は破産しました。つまり全く信用がないわけですね。信用がないから誰も円天を扱ってくれません。

 

 

結果いくら円天を持っていても通貨の価値はゼロです。

 

 

これが通貨の価値ということです。

価値を保証してくれる団体が信用できて初めて価値があるとみんな認めてくれます。

なんとなくわかってもらえたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/79-b152e6ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう