勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<VIP>P=フィリピンに投資する方法

フィリピンといえば主に「バナナ」「出稼ぎ姉ちゃん」他には「家政婦さん」や「技術者」の印象も強い南国の労働力豊かな国です。サッカーの中田選手がスラムの子供とサッカーをしていましたね。

フィリピンの経済はアジア通貨危機でそれほどダメージを受けずまたアロヨ政権のおかげで回復が早く中国、ベトナムの発展につられるように経済発展が起こっています。

 

ではバナナのように伸びる国・フィリピンに投資する方法とは?





無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


 

 


フィリピンへの投資手段を、株、FX、投資信託、ETFなどから見ていきます 

 

【個別株】

フィリピンの市場自体は未成熟で投資環境が整っていないです。ですので今のところフィリピンへの個別株ができる環境は日本にはありません。

 

直接現地で口座を開くこともできるようですが、ベトナムと同じくトラブルが多いためオススメはできないでしょう。 

 

 

 

【FX】

フィリピンの通貨はフィリピン・ペソ(PHP)です。金利は現在5.0%ほどで推移しています。少し前までは8.0%ほどもあったのですが、インフレが抑えられているため金利は低下傾向です。

 

しかしPHPを取り扱っているFX業者はありません。

投資環境が整うまで待たなければいけないでしょう。

 

 

【投資信託】

名前取扱証券
アイザワ トラスト フィリピンファンドアイザワ証券
DIAM VIPフォーカスファンドソニー銀行、コスモ証券
アセアン成長国株ファンドカブドットコム、ジョインベスト、フィデリティ
新生・フラトンVPICファンド楽天、イートレード
サザンアジアオールスター株式ファンド楽天、岡三、岩井、安藤
JFアセアン成長株オープン菱証券UFJ
アジア・プレミア・ファンド東海東京証券、ワイエム証
CAりそなアセアン・ファンドりそな銀行系
アセアン成長株ファンドカブッドコム、ジョインベスト、フィデリティ

 

フィリピン単独の投資信託がアジアに力を入れているアイザワ証券で取り扱われています。単独で投資することができるようになりました。他のものはASEAN諸国に投資するものに一部フィリピンが組み込まれているものですね。新生・フラトンVPICファンドは扱い証券で手数料が違うので注意してください。

楽天、イートレード・・・2.10%

新生銀行、岡三証券・・・3.15%

やっぱり投資信託はネット証券が強いですね!

 

 

 

【ETF】

フィリピンのETFはまだできていないようです

投資環境が整ってないためやむをえないでしょう。

 

ただし新興国全般へ投資するEEMにはフィリピンが組み込まれているので間接投資することができます。

 

 

 


 

 

【フィリピン投資のメリット】

  • VIPといわれるような高い経済成長  
  • 中国よりさらに安い人件費 
  • ”ヒト”の資産がとても強い
  • 若年層が多く将来性が高い
  • 英語圏であり欧米に強い(英語圏コールセンターの拠点)

 

 

【デメリット】

  • 新興国共通のボラティリティの高さ
  • インフラの不整備
  • 投資環境の不整備
  • 以前政権が不安定
  • 台風による気候リスク
  • マレー人と中華人の衝突

 

 

VIPと称されるフィリピンですが、ベトナムと比べると成長は見劣りする上投資環境もあまり整ってないので投資先といての魅力はベトナムやマレーシアのほうが上でしょう。

ただし他の地域と違ってインフレも落ち着き、経済も安定していくことから長期的にみて投資すべきでしょう。今後発展していけば投資環境も整ってきますしね。

 

 


 

 

 

【フィリピンへの投資は】

 

 ASEAN諸国の投資信託 と EEM になります。

 

 

投資信託もある会社は専用のが多くどれを選ぶのかは難しい状況ですので、ASEAN諸国に投資する有名どこのものを大きなネット証券で買ったほうが管理が楽だと思います。

 

EEMについても大手ネット証券の楽天や、イートレードで取り扱っているので一緒の会社で取引したほうが管理は楽になりますね。

 

まだあまり注目されてませんので投資環境が整うまでもう少し待ってもいいかもしれません。今投資するなら10年以上の長期スパンを見ていれば大化けする可能性がありますよ! 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/71-8bac0aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。