勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

<VISTA>A=アルゼンチンに投資する方法

アルゼンチンといえば、マラドーナ、メッシといった世界レベルのサッカー王国やアルゼンチンタンゴのイメージが強いですね。広大な土地を利用した農作などで隣国ブラジルの成長につられるようにアルゼンチン経済も発展し続けています。

 

さて、サッカー選手と同じく金の卵が眠るアルゼンチンに投資するには?





無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


 

 


アルゼンチンへの投資手段を、株、FX、投資信託、ETFなどから見ていきます 

 

【個別株】

残念ながらアルゼンチンへの個別株に投資することは今のところできません。 

ブラジルでさえできないのですから当然といえば当然かもしれません。

 

 

 

【FX】

アルゼンチンの通貨はアルゼンチン・ペソです。

この通貨もあまり流通していなく取引できないのが現状です。

 

 

 

 

【投資信託】

 

名前取扱証券
BR・ラテンアメリカ株式ファンドイーバンク・イートレード・フィリィディ
シュローダー・ラテンアメリカ株投資野村證券のみ

 

アルゼンチンに直接投資ができないように投資信託もアルゼンチンのみのものはありません。

南米に幅広く投資するもので間接投資しかできません

 

 

 

 

 

 

【ETF】

新興国全般に投資するEEMにアルゼンチンが組み込まれています。

また直接ではないのですが南米全体へのETFがあります。

 

ティッカーILF
正式名称iシェアーズS&Pラテンアメリカ40インデックスファンド
上場市場ニューヨーク
通貨米ドル
連動指数S&Pラテンアメリカ40指数
信託報酬0.50%
おおよそ投資金額25万円
取扱証券楽天証券のみ

 

 

 


 

 

 

【アルゼンチンのメリット】

  • VISTAといわれるような高い経済成長  
  • 若年層が多く将来性が高い
  • 広大な土地からの豊富な農産物
  • バイオ産業の発達
  • 豊富な埋蔵資源

 

【デメリット】

  • 新興国共通のボラティリティの高さ
  • 情報の少なさ
  • ブラジル経済への依存が高い
  • 金融インフラの未整備

 

 

投資手段がかなり少ないアルゼンチンですが、ブラジルとともに発展余地がかなり残されていて今からの投資は宝の山になるでしょう。しかしアルゼンチンは2002年にロシアと同じく金融危機を起こしデフォルトまで起こしたことがあり金融インフラには不安が残ります。

しかしロシアのように一度ドン底から這い上がったものは強いので長期的にはブラジルと同じく魅力のある投資対象ということになります。

 

 


 

 

 

【アルゼンチンへの投資は主に】

 

 

南米投資信託 と 南米ETF になります。

 

 

投資信託ではどちらを選んでもいいのですが、BR・ラテンアメリカ株式ファンドのほうがいろんなネット証券で取り扱っているので管理が楽になるでしょう。ETFも同時に扱っている楽天証券が一つで管理できるためオススメだと思いますよ。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/63-b8f82164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう