勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<VISTA>S=南アフリカに投資する方法

南アフリカといえば教科書で習ったアパルトヘイトのイメージが強いですね。また2010年のサッカーW杯のアフリカ開催地として一躍有名になりました。また金やダイヤ、プラチナなど貴金属の産出も著しくそのまんまお宝が埋まっている魅力的な国ですね!

 

では、そんな宝の国・南アフリカに投資するには?





無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


 

 

南アフリカへの投資手段を、株、FX、投資信託、ETFなどから見ていきます 

 

【個別株】

残念ながら南アフリカへの個別株に投資することは今のところできません。 

日本からかなり遠い国で南の果てにあるもんですから投資環境はあまり整ってませんね。

 

 

【FX】

南アフリカの通貨は南アフリカ・ランド(ZAR)です。その金利は12%にもなり今もどんどんあがっています。FX投資をしている方にはとてもおなじみの通貨ですね。南アフリカは金の産出が多いことから金価格に影響を受ける通貨とも言われます。

さて、おなじみの通貨ということで扱っているFX業者はたくさんありすぎます!その数なんと50社にも及びとても紹介しきれません。つまりはほとんどの業者で扱っているってことです。主にスワップ用に使われるのでスワップが高いとこというと、外為オンライン外為どっとコムセントラル短資オンライントレード、フォーランドフォレックスなどが挙げられます。

 

主にスワップ運用をしている方は外為どっとコムセントラル短資オンライントレードが多いですね

 

 

【投資信託】

 

名前取扱証券
フィデリティ・EMEA・ファンド楽天、イートレード、フィデリティ
JPM 中東アフリカ株式ファンド
みずほ銀行、スルガ銀行

 

南アフリカ単独投資というものは無く、

MENAへの投資に南アフリカが組み込まれているものが全部です。

EMNAファンド は 38%

JPM中東アフリカファンド は 29%

南アフリカを組み込んでいます。ただしJPM中東アフリカファンドは申し込み金額の最低が20000000円(2000万円)となっていて金持ち専用となっているファンドです。

 

 

【ETF】

新興国全般に投資するEEMにイ南アフリカが組み込まれていますが、

単独の南アフリカ株価指数連動ETFがあります。

 

ティッカーEZA
正式名称iシェアーズ・MSCI南アフリカ・インデックス・ファンド
上場市場ニューヨーク
通貨米ドル
信託報酬0.70%
おおよそ必要金90000円
取扱証券野村、楽天、イートレード

 

 直接株や投資信託で投資できない分このETFは貴重な手段になります!

 

 


 

 

【南アフリカ投資のメリット】

  • VISTAといわれるような高い経済成長  
  • アフリカ最大の経済国
  • 若年層が多く将来性が高い
  • 世界有数の貴金属産出国
  • 2010年サッカーW杯の経済効果
  • 高金利による外資の流入
  • 金価格の高騰

 

【デメリット】

  • 新興国共通のボラティリティの高さ
  • 10%を超えるインフレの進行
  • インフラ未整備による大停電
  • 情報の少なさ
  • 政治の不安定
  • 根強く残るアパルトヘイト
  • 世界一の犯罪率、治安の悪さ
  • 米経済の依存が高い

 

 

 

高金利通貨ZARによって有名になった南アフリカですが金利が高いのはインフレが高いということです。今も着々と上がっていることからインフレは全く抑えられておらず物価の上昇しずぎによって経済が傾く恐れもあります。また政局が不安定に加えて経済に影響を与えるほどの停電を起こすインフラの未整備が問題になってます。2010年のW杯もすこし怪しいといわれているので他のVISTA諸国よりハイリスクになるでしょう。

 

 

 


 

 

 

【南アフリカへの投資は主に】

 

 

FXのZAR投資 と 海外ETF になります。

 

 

ZAR投資はスワップが高いため外為どっとコムセントラル短資オンライントレードでの長期投資がオススメです。10%以上の高金利のためかなりの利回りが期待できます。

しかしハイリスクな通貨であるのは間違いないのでレバレッジは最大でも2~3倍に抑えておきましょう。仮にレバッレジ3倍での運用なら

12% × 3 = 36 で 36%という高水準の利回りを得ることができます!

 

ETFについてはひとつだけですね。こちらは2010年W杯を目指して長期で持っているもいいでしょう。

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/61-74ea8c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。