勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
青森県の「青い森農林振興公社」民事再生法申請
青森県が50%を出資する第3セクターの社団法人「青い森農林振興公社」は2日、青森地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は367億円。今年に入り、第3セクターの経営破綻が相次いでおり、これで12件目となる。

 同振興公社は農家の規模拡大を進める「農地保有合理化事業」や、スギなどを植林して森林を計画的に造成する「分収造林事業」などを進め、民間での森林整備が難しい地域で、同公社が土地の所有者に代わって森林整備を手がけてきた。同公社は発生する費用の大半を青森県や金融機関からの借り入れ、伐採木材を売って費用を返済する予定だったが、木材価格の低迷などで、このスキームは成り立たなくなった。

 今年4月には「分収造林事業」を除く全事業を公益法人あおもり農林業支援センターに事業譲渡したが、その結果、保有資産の評価が下がり、350億円を超える債務超過に陥った。

 最終的に青森県が事業を引継ぎ再生を図るという。青森県では地方債である第三セクター等改革推進債(三セク債)を使って金融機関などに損失を補填する計画だが、今回の破綻申請はその一環。

これからどんどん公営団体の破綻が続くことでしょう。原因は旧世紀の経営体質を改善せず、未だに無駄なコストをかけつづけ、下がり続ける株を放置したままなのがありありです。この流れで年金の破綻も時間の問題なのがわかるでしょう。ただし年金は絶対破綻しません。支給年齢を70歳、75歳、80歳に引き上げていけばいいんです。破綻はしないが、結局もらえないことには変わりません。
スポンサーサイト



▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/497-b925c8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。