勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

教育崩壊もここまできた。命より保身を考える教師とクズだらけ
http://ameblo.jp/dewisukarno/

デビィ夫人で大津のいじめ事件の情報が掲載されています。
世間に影響力の強い芸能人がここまでするのは凄いことなんじゃないでしょうか?
小粒なら圧力でつぶされるかもしれませんが、夫人はバックが違いますからね。

加害者少年グループの リーダー 木村束麻呂(ツカマロ)は
事件後 既に 大津市立皇子山中学校から京都へ転校。
父親は 木村 真束(マヅカ) 「マヅカ3Dワークス」という会社経営。元PTA役員。
母親の 木村 恭子は「大津市地域女性団体連合会」の会長を務いて、
人権を守る大津市民の会」に所属していた。

すげーな。カエルの親はカエルか。 事件後は「あんたの子供は死んだけど、自分の子供は生きていかなくちゃいけない。どうしてくれるんや!」 「冗談真に受けて ホントに自殺するなんて こっちが被害者だわ」と発言。 こりゃあすげー。人権どこいったんだ?PTAって誰のため? 己の保身のみを考えPTAという名前だけを利用してただけであることが容易に想像できる。

主犯格の一人 小網健智(コアミ タケサト)
父親の 小網修氏は 元PTA会長。 
祖父 小網勝氏は 滋賀県警のOBだそうです。
祖父が書いたとされる ブログには 「いじめを把握できなかった学校の責任。被害届を受理しなかった警察の責任を取り上げる以前に少年(被害者)の父母は自分の子供の日常生活の状況や心の悩みに対して平素から 真剣に対応したのか・・・」 と、被害者遺族に責任転嫁するような記事を書いています。

いやこっちもすげー。圧力がかかって表面化しなかったのは想像してたが、本当に想像どおりだったなぁ。滋賀県警のOBはなによりも警察の責任回避がお好きなようですね。さっさと原因が明らかになって屑どもを一掃できれば、逆に警察は仕事したって言われるのに。馬鹿でも、いや馬鹿だからこそ警察って務まるのかねえ。

主犯格の一人:山田晃也(こうや)この少年も京都へ転校済み

そして「やりすぎるなよ」といじめを笑っていた教師こと:森本進。 ハングルが得意な人権教育のエキスパートだと。 ハングルっていうと朝鮮人なんだろうかと推測できるし、まぁ事実そうなんだけど。 それよりも人権教育のエキスパート!こっちのほうがツッコミどころ多すぎだろ。 ああ!死んじゃえば、殺しちゃえば、人権はなくなる!そういう考えなんだな。 すごいなー。人権教育を隠れ蓑にした、責任回避と見殺しのエキスパートにすべきだね。


大方の予想どおり、いじめの主犯格グループにはPTA会長やら警察OBが関わっていて、 それが圧力をかけて、いろいろ生徒にいってもみ消しを測ったことが明白になったわけで。 今度もどんどん出てくるだろうね。もみ消しをやったから、かえって余計出てくるわ。皮肉だねえ。 このネットワークの時代、関係者をすべて皆殺しにでもしない限り情報の流出なんて防げるわけ無いんだよ。 さあどんどん出てくるねー。こういうのって犯罪隠匿剤にならないの?





スポンサーサイト



▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/491-4b4829bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう