勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

持ち家は負債、見栄や体裁で買う奴が今ローン地獄
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120218-00000004-pseven-bus_all

住む家は買うか賃貸か――これは永遠の議論だが、住宅問題に詳しい神戸大学大学院教授の平山洋介氏は、そもそもマイホーム購入の合理性が減ったと指摘する。

「戦後、政府は住宅建設で経済成長を推進し、住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)が供給した住宅ローンが誘い水となって中間層の持ち家取得が増えました。住宅・土地価格の上昇率は賃金・物価のそれを上回り、住宅所有は資産形成の有効な手段でした。供給サイドにとっても、賃貸は資本回収に時間がかかるのに対し、売り家の場合はすぐに回収可能で合理的だったのです」

 しかし、バブル崩壊でデフレ経済に突入した。

「デフレのもとで住宅ローンを背負うと、実質的な債務負担が重くなっていきます。給料は上がらず、雇用は不安定で、持ち家の資産価値は下がる。政府は適切な賃貸住宅を増やし、無理をして家を買う人を減らすようにする必要があるでしょう」

 消費者ローンに詳しい弁護士の瀧康暢氏も持ち家信仰に注意を促す。

「『家賃もローンも毎月の支払額は同じ』『賃貸はいつまでたっても持ち家にならない』というセールストークをよく聞きますが、完済までたどりつけるかどうかが難しい時代です。住宅ローンは向こう数十年間の家賃を前借りしていることになるので、そうしたリスクを覚悟のうえで家は買わなければなりません」

 変動か、固定か、はたまた賃貸か――選ぶのはあなた自身だ。

家は買った瞬間に買値の80%ぐらいに値下がりします。なぜなら売値には住宅販売会社の広告費や営業マンの取り分などが含まれた値段だから。それが無くなる時点でもう家の資産価値はマイナスです。バブル時代は家も土地も値上がりしましたが、今では都心部以外は値下がりです。もともとの家の劣化具合にプラスして資産価値も下がる、さらには毎年税金はかかるし、10年もたては「ソニータイマー」のごとくいろいろなところからボロが出て修繕費もかかる。ローンの金利だって馬鹿にならない。30年での1~2%のローン金利は1000万近くになります。様々なものが財布から出ていく存在。それが金持ち父さんの言う負債。つまり家は持ち主にとっての負債、銀行にとっての資産。これだけ払う価値があるなら買ってもいいでしょう。

スポンサーサイト



▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/479-53445133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう