勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

9月景気ウォッチャー、円高影響で現状・先行きとも悪化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111011-00000676-reu-bus_all


内閣府が11日に発表した9月の景気ウォッチャー調査では、足元、先行きともに悪化した。生産活動は回復傾向をたどっているものの、円高の影響で経営環境が悪化し、雇用に影響しているほか、消費の先行き不透明感も出てきたことが影響した。

 9月の景気の現状判断DIは45.3で、前月比2.0ポイント低下し、2カ月連続の低下となった。横ばいを示す50の水準は2カ月連続で下回った。家計動向と企業動向が低下。雇用関連は横ばいとなった。

 家計動向関連では、台風や残暑の影響で季節商材の動きが鈍かったこと、地上波デジタル対応テレビの駆け込み反動減が見られたこと、一部で農畜産物の買い控えがあったことが影響。企業動向では、急激な円高進行の影響が広がっている。「円高のため、海外受注は厳しい状況」(一般機械製造)、「欧州の経済危機や中国の減速が悪影響を及ぼしている」(プラスチック製品製造)といった声が寄せられた。

 雇用関連では生産回復で求人は増加しているものの、円高を背景に採用に慎重な姿勢も出てきた。「急激な円高により正社員の採用には慎重になっている一方で、製造業関係が好調なことから非正規雇用の求人が増加している」(職業安定所)といった動きが出ている。

 2─3カ月先を見る先行き判断DIは46.4で、前月比0.7ポイント低下。3カ月連続の低下となった。50の水準を52カ月連続で下回った。

 消費者および企業が先行き不透明感を持っていることや、円高進行による企業の経営環境悪化の懸念が強まっていることなどから、企業動向部門および雇用部門でDIが低下した。「省エネ関連商品への需要は増えるが、けん引するような商材は少ない。一方で、円高や株安といったマイナス要素が大きい」(百貨店)、「冬季シーズンに期待される海外客需要が、極端な円高の継続により集客困難に」(ホテル)などの影響も出ている。

 内閣府は、景気ウォッチャー調査の判断の表現を「円高の影響もあり、持ち直しのテンポが緩やかになっている」とまとめた。前月まで盛り込んでいた「東日本大震災の影響」という表現は削除され、代わりに「円高の影響」を挙げた。


不況の原因 地震<<<円高 → 政府の無策。それでなんで増税?


スポンサーサイト



▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/455-b1a41685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう