勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
就職を諦める人が増えると失業率が改善
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110930-00000512-san-bus_all

総務省が30日発表した8月の完全失業率(季節調整値)は、東日本大震災に被災した岩手、宮城、福島の3県を除いて、前月比0・4ポイント低下の4・3%で3カ月ぶりに改善した。厚生労働省が同日発表した求職者1人に対する求人数を表す8月の全国の有効求人倍率(同)も、前月から0・02ポイント上昇の0・66倍で3カ月連続で改善した。

 完全失業者数は、前年同月比45万人減の276万人。このうち、倒産などで失業した「勤め先都合」は同25万人減、「自己都合」は11万人減だった。就業者数は同29万人減の5967万人で、2カ月連続で減少した。

 一方、厚労省発表の有効求人倍率は被災3県も含めて集計している。被災地では宮城県が0・69倍と0・07ポイントの大幅改善となったほか、岩手県が0・57倍、福島県が0・64倍と、ともに0・02ポイント改善した。東北地方では生産の回復に加え、復興関連の求人が増えていることが鮮明になってきている。

失業率改善とかほざいてますが、日本の失業率計測方法は早い話がハローワークにきたひとを数えるって程度です。そのため就職浪人や就職したくてもハローワークにイカない人は数えられません。このご時世就職を諦めた人も多くなっています。この計測では就職を諦めた人が、つまりはNEETが増えれば失業率が改善するという不思議なことが起こります。なんだこれ?
スポンサーサイト



▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/452-5a8384f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。