勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
氷山の一角のセシウム牛。今騒いでどうする?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110714-00000122-jij-pol

福島県は14日、南相馬市の農家が出荷した肉牛から食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)の放射性セシウムが検出された問題で、新たに浅川町の農家が規制値を大幅に超える高濃度の放射性セシウムに汚染された稲わらを餌として肉牛に与えていたと発表した。この農家からは今年4月以降、42頭が出荷され、東京都や千葉県、仙台、横浜両市のと畜場で食肉処理された。肉は岩手、山形両県にも出荷されており、既に一部は消費された可能性がある。福島県は県内すべての食肉用牛農家約4000戸に対し、14日から5日間程度、肉牛の出荷と移動を自粛するよう要請した。
 県によると、県内の食肉用牛農家に対する立ち入り調査を実施したところ、浅川町の農家が保管していた稲わらから、1キロ当たり最高9万7000ベクレルという高濃度のセシウムが検出された。
 42頭は、4月20日までに横浜市(14頭)、5月11日までに千葉県(5頭)、6月16日までに東京都(13頭)、7月6日までに仙台市(10頭)に、それぞれ出荷され、食肉処理されたという。福島県はこれらの牛肉の流通先について、厚生労働省などを通じて調査を急いでいる。
 この農家は、汚染された稲わらを白河市の稲作農家から購入して牛に与えたといい、県の調査に対して「与えていけない稲わらだとは知らなかった」と話している。
 仙台市によると、同市のと畜場で処理された肉のうち、1頭分420キロは7月7日に東京都港区の卸業者に出荷された。7月11日には岩手県花巻市の業者が8キロ、山形県酒田市の業者が360キロをそれぞれ購入したという。 


リスク管理ができている人は福島産の農産・海産物は絶対にNGと最初から行っていました。さらに用心すれば関東全域がNGです。なのに ”根拠なき安全” を盲信した人とそれを利用した政府に踊らされてセシウム牛が流通してしまっています。これはどう見ても氷山の一角です。まだまだあります。最初の事件で偶然だ・・・と一蹴した人も、第二の事件が出てようやく事の重大性に気づいたのではないでしょうか?隠蔽されなければ第三の事件もすぐに来ます。福島はダメなんです!農家の人がかわいそうなのはわかりますが、私たちが悪いのではありません。東電と民主が悪いのです。ハッキリ言いましょうよ!福島のものはもうダメなんです!
スポンサーサイト



▲TOP
この記事に対するコメント

東電は確実に悪い
民主も悪いと言える
が.
あと自民も悪い
むしろ自民こそ悪い(→原発造ったのは…?)
公明はわからないけど
【2011/07/19 11:18】 URL | 名無しさん #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/426-5604ef10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。