勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<中級者>投資信託の種類・外貨MMFって?

外貨MMFの正式名称はMMFのほうを見てください(笑)

その名のとおり日本の”円”ではなく”外貨”によるMMFですね。これは投資対象は海外の国債や公社債ですが、日本と海外では金利が圧倒的に違います!FXをやる方なら海外の金利がいかに高いかお分かりと思いますが金利一覧を出しておきますね。

 





無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


 

【金利一覧】

国名金利
アメリカ(米)2.25%
ヨーロッパ(EU)4.00%
イギリス(英)5.00%
オーストラリア(豪)7.25%
カナダ3.50%
ニュージーランド8.25%

 だいたい外貨MMFの利回りはその国も政策金利より少しすくなめとみるべきなので一番低いアメリカドル建てのものでさえ2.0%を超え、ニュージーランドドルなら7%後半にもなります!もちろん外貨ですので円高による為替リスクがあるのはもちろんですよ。しかしこの利回りは魅力的です。

 

【最大のメリット】 

「為替差益に税金がかからないことです!」

分配金には20%の税金がかかるのですが為替差益には一切税金がかかりません。これは外貨預金やFXにはない重要な点です。このことを外貨預金やFXをやっている人は知っているのでしょうか?

 


【リスク】

  • 為替変動リスク

一番気にしなければいけません。1$=¥120のときに買っていくら複利を効かせても1$=¥60になってしまったら大損になってしまいますね。しかし外貨MMFの対応通貨は先進国のものなのでこれほど大きな変動がある可能はほとんど無いでしょう。

  • 金利変動リスク

ゼロ金利をとっているような日本と比べて外国は頻繁に金利を変化させます。アメリカなどはITバブルで6.0%を一気に1.0%まで急激に下げたこともあり期待していたリターンよりも減ることがあります。もちろん増えることもありますが・・・

  • デフォルトリスク

ロシアやアルゼンチンのように国家破産してその国の国債が紙切れになってしまう可能性は0ではありません。現に前述した2つは10年以内に起きたことなのですから。しかし先進国は総じて財務体質は健全でありデフォルトする可能性はほぼ無いでしょう。0ではないですけどね。


 

 

そして最後に・・・実は分配金にすら税金がかからないものもあるのです。それは上級者編で・・・

スポンサーサイト

テーマ: 投資信託 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/37-2c176778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。