勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
トヨタ、期間従業員数が再び減少へ 
トヨタは使い捨て奴隷の数を減らしているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000507-san-bus_all


トヨタ自動車は9日、新興国市場を中心とする販売台数の拡大を見込んで雇用した期間従業員について、昨年末の約2300人から7月までに約500人削減したことを明らかにした。正社員への登用とともに、9月末でエコカー補助金制度が終了し、販売減が予想されるための措置とみられる。自動車各社は昨年秋以降、需要拡大を背景に期間従業員の雇用を再び拡大しているが、トヨタの採用抑制は他社の動向にも影響を与えそうだ。

 トヨタの期間従業員数が最多だったのは、平成17年6月の1万1600人。しかし、業績不振で20年6月に新規募集を中断したほか、期間満了者と契約更新を行わず、21年9月には1100人まで絞り込んだ経緯がある。

 その後、国内外のエコカー補助金などの経済対策効果で販売が回復し、昨年10月、期間従業員の新規採用を再開。同年12月には2300人にまで増やしていたものの、販売を下支えしていたエコカー補助金の期限切れで、「10月以降、需要が減少する」と判断した。

 過去に実施した大幅な人員削減が批判を浴びたこともあり、今年6月に1900人、7月に1800人と段階的に絞り込んでいるもようで、自動車業界では「最も少なかった昨年9月末の1100人に近づきつつある」との指摘もある。

 トヨタはすでに、10月の1日当たりの生産台数を現在よりも20%程度減らす方針を固めている。今後の期間従業員の雇用については「10月以降の販売の見通しが立たない。生産の動向を見ながら慎重に検討する」(同社幹部)としている。トヨタの期間従業員の契約期間は、最長で2年11カ月。契約期間の途中での打ち切りは原則として行っていない。

スポンサーサイト



▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/309-87603dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。