勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

貧乏人ほど宝くじをたくさん買うことが判明
宝くじは一夜にして富を手に出来る数少ない方法ではありますが、その確率は微々たるもので、当選を期待しても世の中そうそう上手く行ってはくれません。 ところが低所得の人ほど、宝くじにお金をたくさん掛けていることが調査によって判明しました。 アメリカの調査ですが、年収13000ドル(114万円)以下の家庭では、平均すると一年に645ドル(約5.6万円)を宝くじに費やしていることがわかり、これはなんと年収の9%に当たるそうです。 もちろんこれが日本でも当てはまるかはわかりませんが、生活が困窮しつつも9%を宝くじに費やすというのは驚きの結果です。

それでも買い続ける人が多いのは、当選したときの途方も無い額を無視できないことや、買うことそのものが習慣的になることが挙げられるようです。 この調査に対する、海外サイトの反応を抜粋してご紹介します。

・ほとんどの人々は自分が195249054分の1をつかむと期待しているんだ。
・買わなきゃ当たらないだろう。
・貧乏人は貧乏でいることを楽しんでいないし、これは簡単で最も早くリッチになる方法なんだ。
・いわゆる無知なやつに課す税金が宝くじさ。
・実際に当選した奴の人生がどうなったかを思うと、高額当選をしたいわけじゃない。僕が宝くじを買う理由はこれが安い精神安定剤だからさ。
・期待いっぱいのファンタジーさ。金持ちに近くなったような気持になれるのさ。貧乏じゃない人でも宝くじをやる人は多いよ。もう習慣になっている。愚かと思うかもしれないが、誰しもギャンブルしたことはあるんじゃないかな。僕はギャンブルも宝くじもしないが、株や投資はする。くそ、やっぱりみんなギャンブルするってことだ。
・もっとも正当な経済理論では、貧困者はギャンブルによって最も実利を得、富裕者は保険をかけることによって実利を得る。
・13000ドルの9%は645ドルじゃないんだけど?
・13000ドルではなく、13000ドル以下の家庭だよ。
・時々宝くじを買うが、理由はひとつだ。夢を見たいからさ。
・当たらないことはわかっているが、くじを持っているときに億万長者になったらどうするかを夢見ることは楽しい。統計的には当選する確率は低いが、夢への小さな何かを与えてくれる。
・チャンスが何もない人の希望だよ。


まぁ、貧乏人の儚い夢として買うのは別にいいんですけどね。こんな名言があります。 『宝くじは愚者の税金である』 そう、多くの人が ”当たったこと” ばかりを考えて、他のことを全く考慮していません。これはロバートキヨサキ氏の名言にもある 「金持ちは最悪の事態まで想定している。貧乏人は最高の事態しか想定しない」 にピッタリ一致していますね。自分で頑張ろうとせず、最も当選確率の低いギャンブルにお金を入れ込み、当たったことばかり考えて目の前にある現実を直視していない他力本願。こういった人間を貧乏人というのです。それでも買う人は後を絶ちません、だからこそ国は国家機関以外が宝くじを主催することを認めず、『愚者の税金』 として愚かな貧乏人から税金を巻き上げているのです。
スポンサーサイト



テーマ: 政治・経済・時事問題 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/304-be136bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロト6抽選数字予想システム ロトキング

しかし、個人でロト6の「クセ」「法則」を全て理解するのは、情報収集力と、複雑な... 教えたい【2010/08/05 19:07】

ナンバーズ攻略・予想ソフト

ナンバーズ3予想攻略おかげさまで前作「ナンバーズ利益を可能にする投資錬金術」は... 教えたい【2010/07/31 15:38】
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう