勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

就職希望者大増!ますます就職戦線は激化する

文部科学省の発表している学校卒業者の進路データによると 近年の大学生の数は55万人に上っています。一方で採用枠は40万にいかない。 つまり計算上は15万人ほどが就職できないことになります。 エンゼルバンクでこの数字を出して就職氷河期ではない、企業は採用を減らしてない とかいっていますが、10万人以上が就職できない事実は変わりません。

就職状況のデータを算出するディスコによれば、 今年だけで就職できないまま卒業を迎える人は10万人を超え、 実に卒業生の5人に1人は職なし状態のまま放り出されてしまいます。

しかし日本では 「ハラキリ」 というただ1度の失敗も許さない文化がありますから、 一度新卒で就職できなかった既卒者には社会的な制裁を与える国です。 新卒で無い人は”欠陥品”の烙印を押され、ほとんど企業からは見向きもされなくなってしまいます。 この恐怖に怯える学生は、なんとしても”新卒”のネームバリューを捨てたくはなく 専門学校や大学院へ進学したり、意図的に留年する就職留年する人も増えています。

しかし彼らは2010年に就職しないだけで来年や再来年にはまた就職戦線に戻ってきます。 しかも1年で10数万人は就職できないわけですから、その数も膨大です。 例えば来年の2011年度新卒者の就職戦線においては

その年度の現役卒業生50万人

去年、一昨年に専門・大学院へ行った者

去年の就職浪人

という構図ができあがってくるのです。一体何十万人になってしまうのでしょうか? 進学や浪人する人がいると言っても普通はたいしたことないほどの人数ですが、さすがに今年度の就職氷河期ではその数もかなりのものになってきます。来年になっても多くの企業は採用枠を増やすことに消極的ですし ”神風” でも吹かない限り、来年の就職戦線もひどいものになります。 本当に、どうにかならないものでしょうか・・・

スポンサーサイト



テーマ: このままで、いいのか日本 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/214-8774034f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう