勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
FXレバレッジ規制は、貧乏人だけがダメージを受ける悪政

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090620-00000103-san-bus_all

FXレバレッジ規制のニュースが毎週のようにYahooにも取り上げられています。
この規制はFXをしている人にとっては死活問題なのですが、
FXをやらない人にとっては 『オレには関係ない。知ったことか』
といった反応みたいです。実はこの規制は金持ちはダメージを受けず、
貧乏人だけがダメージを受ける悪政なのです。





無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


この規制が貧乏人だけにダメージを与える理屈はカンタンです。
FXというのは、ある少額のお金を預けると大金が必要な取引ができる
レバレッジ取引です。1万円あれば、100万円ぐらいの取引ができるので
資金力の少ない貧乏人にもたくさんチャンスがひろがるのです

ところが、このレバレッジが規制されてしまうと
資金の少ない貧乏人は ”お金が足りないので” 
取引のチャンスがなくなってしまいます。
つまりFXでお金儲けをするチャンスがなくなってしまうのです。

これに対して金持ちは全然問題ありません。
金持ちは最初から自分のお金が豊富にあるので、
レバレッジをかけなくとも大きな取引が自分のお金だけできます。
ですのでFXのレバレッジが規制されても
FXでお金儲けをし続けることはできるので問題はないのです。 

おわかりでしょうか?
FXのレバレッジを規制するということは 
貧乏人だけがダメージを受ける不平等なものなのです

無論、投資ですので儲けと共に損失の可能性も存在します。
ですが 「投資は自己責任」 というのが絶対の原則であり、
どのように取引し儲けようが損しようが、すべてはその人の責任です。
損する可能性があることを認識してやっているのですから、
その結果、損したからとっても行政がとやかく言うべきではありません。
損したのはその人の責任であって、規制するなんてのはお門違いです。
産経新聞の記事によれば、なんと自民党内にも反対意見が多いみたいです。
それだけ広範囲にわたって批判がひろがっているのです。

FXは広がる格差社会の中で、貧乏人が金持ちになる数少ないチャンスです。 
しかしこの規制がされてしまえば、貧乏から抜け出すチャンスがつぶされてしまいます。
まるで 『貧乏人が金持ちになるなんて生意気なんだよ』 と
貧乏人をずっと貧乏人のままにさせようとする誰かの意図があるように感じますね。
まぁ、ちょっと言いすぎかもしれませんが・・・

この規制が実行されれば、
また1つ金持ちになるチャンスが消えてしまいます。
そうして数少ないチャンスがまたもつぶされて、
負け組からの脱出がどんどん困難になっています
投資のチャンスを規制したら、負け組からの脱出どころか
資本主義の繁栄自体が終わってしまいます。
チャンスは貧乏人にも等しく与えれるべきなのです・・・
それなのに規制を厳しくすると
チャンスを失った貧乏人はますます貧乏になり、
チャンスを生かせる金持ちだけがますます金持ちになっていき、
格差が拡大し続けるのです。この状況にさらに拍車をかけてどうするのでしょうか?

 

スポンサーサイト

テーマ: FX(外国為替証拠金取引) 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
この記事に対するコメント

質問させて下さい。
金持ちが全財産を投資して莫大な利益を生み出したとしたら、それは格差拡大にはならないのですか?
【2009/06/20 22:51】 URL | Taira #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> 質問させて下さい。
> 金持ちが全財産を投資して莫大な利益を生み出したとしたら、それは格差拡大にはならないのですか?

金持ちが全財産を投資するようなことは資産保全の観点からもありえません。また金持ちが莫大な利益を出すことと格差拡大の因果関係を示すデータがありませんのでなんともいえません。ただし、金持ちは今、この瞬間もFXに限らず株や不動産、ビジネスなど、あらゆる投資を行い、莫大な利益をあげています。そして、金持ちは規制されようがされまいが問題ありません。今後も投資で莫大な利益をあげていくでしょう。今回の規制は、貧乏人だけが一方的にそのチャンスを奪われてしまうということです。
【2009/06/21 02:13】 URL | 管理人 #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/203-88deaefd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。