勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

年金の破綻が秒読み段階に入った!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090501-00001015-yom-bus_all
厚生労働省は日本の経済成長がこれからもマイナスで推移すると
2030年には破綻するという試算を発表しました。まるで人ごとのように・・・



無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


以前も厚生労働省は2020年ごろに年金制度が破綻するという試算を発表しています。それなのに、マイナス成長を続けていると2030年に破綻するというのです。あのときよりも状況が悪くなっているのに、なぜ破綻する年度が遅くなるのでしょうか?

 

カンタンなことです。年金制度はすでに破綻状態だからです。厚生労働省は以前、世論の批判をかわすために2020年に破綻の可能性を出したのですが、それよりも状況は圧倒的に悪くなっています。ならば2020年以前に破綻するのは明白です。しかしそんなことを正直に言ってしまえば大騒ぎになっていまいますね。だから、正直なことは言わないまでも、破綻はするよ~と一応言っておくのです。そしてそれを2030年という先に設定しておけば、自分が責任を負わなくてすむからです

 

同じようなことがアメリカでもありました。1960年にアメリカのケネディ大統領が暗殺された事件がありましたね、おおやけには実行犯を確保し、その実行犯が死んだことで事件は終わっています。しかしアメリカ政府はこの事件の真相をつかんでおり、その証拠を2040年あたりに公開することを発表しています。ではなぜ、すぐに公開しなかったのでしょうか ・・・ 答えは明白ですね。責任を回避するためです。自分が死んだ後ぐらいの未来で公開することを決めておけば、それを口実に世論の反論をかわすこともできますし、事件の計画者も寿命を迎えています。自分が責任をおわないぐらい未来の時間に悪い状況をハッキリ明記しておけば、生きている間は責任を回避できますし、真相が明らかになったころには当事者は死んでいます。全く都合のよいことですね。

 

今回の発表も、年金は未来には破綻しますよ~でも破綻するころには我々はいませんから~と責任逃れをしてるだけですね・・・

スポンサーサイト

テーマ: 政治・時事問題 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/199-bb00d1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう