勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

<金融危機>今は株を買うべきか売るべきか

株安が止まりません。せっかくG7のポジティブニュースで一旦上昇しましたが、アメリカのネガティブニュースによって悪魔のような下落を引き起こしました。朝や夕方のニュースではどこかのオンライン証券(今回は東洋証券)のコールセンターに電話が殺到し、顧客からは



 「株価はこれからも下がるの?」


 「今のうちに株を売ったほうがいいの?」 



といった悲観的な質問を投げかけてきます。しかしこの状況において、勝ち組や勝ち組になるべき人がとる行動結論はひとつです。

 

 

 





無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


【動かざること山の如し】

それは 「休むのも相場なり」 という格言がすべてを表しています。今のようなどちらに動くかわからない不安定は相場では、できるだけ手を出さないということが定説です。これほど上下に激しく動くのであればFXや先物を使って、上下に大きな利益を取ることもできるが、リスクが大きく、よほどのプロレベルの腕が無い限りはやるべきではありません。 今は静観するのが一番でしょう。





【我慢できないのは負け組の証拠】

相場を様子見しろと言っても保有株がいくら下がるか不安でしょうがない。あのコールセンターに電話していた人たちにとってはこう考えてしまうの仕方ないでしょう。しかしこういった人は完全な負け組のタイプです。冷静に分析すれば、今の相場は世界的な疑心暗鬼が招いたパニック売りの一種であることがすぐにわかります。こういった状態では動かないほうがいいというのは、株の本でも、著名投資家の言葉でも、投資の格言でも明言されています。それでも尚、下落が気になって売りたくてしょうがない人は、こんなことも我慢できない投資負け組です。さっさと投資をやめたほうが賢明です。





負け組の質問 : 「今後、株価は下がるのか」

コールセンターの質問の内容も稚拙です。今後も株価は下がるのか?と聞かれても誰も答えられません。ましてや金融取締法が強化された今のご時世では、証券会社のような金融機関は相場に関する予想を教えてはいけないと法律に明記されています。答えが返ってくるはずがありません。株価が今後どうなるか・・・こんなことは自分で予想するのが当たり前です。




負け組の質問  : 「株を売ったほうがいいか」 

こういった質問も非常に多いです。もちろん証券会社の人は明確な断言をすることができませんから、対応にほとほと困っているでしょう。投資というのは自己責任です。保有株の売りのタイミングなどは自分で決めるのが当然です。それなのに他人に売買の意見を求めるのは自己の投資計画が全くできていない証拠です。




【勝ち組は質問する必要がない】

負け組の質問って、じゃあ勝ち組の質問はなんなんだよ!と思う方もいるでしょう。ですが、勝ち組はコールセンターなんかには質問をしません。もっといえば誰にも質問しません。当然です、勝ち組の投資家というのは自己の投資計画をキチンと構想しています。その中にはこういった大暴落の相場になったらどうするかということもあらかじめ計画しておくのです。

 

 

 

負け組は最高の事態しか想定しない
勝ち組は最悪の事態まで想定して準備している

この言葉は 「金持ち父さん貧乏父さん」 であった言葉です。負け組になるような人は儲けたときことばっかり考えていてリスクを考慮していない。しかし勝ち組はあらゆる事態に対して準備をし、考えうる最悪の状況になったときの対応プランも計画してある。こういった計画の準備が今の相場になって役立っているのです。負け組の人は、想定もせず理解もできない暴落に右往左往するだけですが、勝ち組の人はあらかじめこういった相場に対する構想を持っているので、全く動揺することなく相場を見守っているのです。

 

 

 

 

【勝ち組が動くとき】

勝ち組が考えている暴落相場の対応プラン。皆さん気になるでしょう。計画そのものは個々人によって違うのですが、こういった暴落相場で勝ち組がすることと言えば ”底値での買い増し” ということが多いです。今は10年に一度の暴落とも言われてますが、言い方を買えれば10年に一度の大安売り状態なのです。せっかく安くなっているのだから買い増しをする。これが勝ち組の行動です。ただし、暴落がいつ終わるのか、その辺が底かというのは個々人の判断です。さっきも申しましたように、買いのタイミングを聞いているのは負け組の発想なのであしからず。





スポンサーサイト

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/170-53ea50f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう