勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

<バブル崩壊再来>
今日の報道ステーションの冒頭は「オリンピック終了後の中国の景気減速」でした。

とどのつまり、中国はオリンピック後に景気が減速するかどうかについての結論が出たのですが・・・



無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


いや~それにしても見事にひどい状況でした。
北京の不動産はほぼ全ての物件が10%~15%近く下落するし、株式市場もオリンピック期間だけで10%以上下落したのです。


【著名アナリストはわかりきっていた】
思えば中国ファンドがいっぱい出るに出た2007年に、その兆候は出ていたのです。2007年は2月の上海ショックをものともせずに中国株式市場は倍!になり、中国へ投資するファンドは軒並み200%~300%のリターンを出していました。しかし、少し賢明なアナリストには「これは異常なことで明らかにバブルだ。日本のバブル期にも同じようなことが起きた」と分析していました。そしてアナリストたちはオリンピックの半年前には中国のバブルは崩壊をはじめ、下落に転ずるだろうと予測していました。




【バブル崩壊は2007年に始まっていた】
事実2007年8月のサブプライムショック、そして2008年3月の世界同時株安、この金融不安で中国株式は約半分に下落し、中国人投資家が「これはおかしい!」「全財産を失った。もう死ぬしかない」と阿鼻叫喚の光景が広がっていました。これも日本のバブル期に同じ光景があったものです。




【あれだけ忠告されていたのに】
日本のバブルと同じだ!と何度も日本のアナリストは忠告をしてきました。しかし中国人投資家は何度もバブルだと忠告されているのに、一向に耳を貸さないまま、バブル崩壊を受けて身を削って初めて気づきました。でも時すでに遅し・・・ほとんどの財産を失い、自殺者が出始めました。日本の時と同じです。




【バブルに例外はない】
結局、この中国バブルも歴史上何度も起きたバブルと何も変わらないものでした。すぐ隣の日本という国からバブルについて学んでいればいくらでも対策を打てたものですが、儲かって有頂天になっている人間は他人に耳を貸しません。結果として大損しました。日本の時と同じです。そういったリスク管理ができない”バカ”投資家が失敗するのは歴史の必然といっていいでしょう。



【勝ち組はわかっていた】
もちろん日本の時と同じくこのバブルを華麗に回避した人たちがいます。中国に最初に投資していた外国人機関投資家です。外国人機関投資家は中国がバブルになっていることを日本とまったく同じであることを認識していました。頭いいですからね。そして外国人機関投資家は、サブプライムがちょうどいい資金の引き上げ時と見て中国から資金を引き上げ、資源国へシフトしました。日本のときもバブル崩壊の直前に彼らは引き上げました。



【これからの中国の対応に注目】
さて、これからの中国の対応には注目です。バブル崩壊は始まったばかりでインフレがひどくなってますが、金融引き締めをすればますますバブル崩壊の景気減速を助長してしまいます。かつて日本は引き締めをやりすぎて完全に経済が停滞し、皆が知っている「失われた10年」ともいえる長い不景気を起こしてしまいました。さあ、中国はどうでしょう?

日本と同じようなことをするなら、まず投資する価値はなくなります

スポンサーサイト

テーマ: 学校での出来事 社会: 格差社会 ジャンル: 学校・教育

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/154-a6aa02c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう