勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<教育格差>小学生4人に1人塾通い 進む低年齢化、過熱化も
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080801000560.html


現在の小学生は塾に通う人がとても多くなっているのです。この増加した理由を分析してみると子供たちの中にも教育格差が広がっていることが読み取れます。



無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


まず、塾に通う子が増えた理由ですがこれには大きく2つの理由があります。1つめはやはり受験に必要な「学力」を身につけるためですが、2つめは「公立学校が信用できない」ということになります。塾に通う子が増えたのはもちろん2つめの理由が大きいでしょう。



今までの公立教育は、モンスターペアレントの出現や教師の質の低下などでかなり環境が悪くなっていて、親たちの間では大丈夫なのかという疑惑がありました。しかし 「大分教員汚職事件」 が起こったことで疑惑が確信に変わりました公立学校は信用できないと!




今の公立教育というのは「ゆとり教育の迷走」からもわかるように、一体何のために教育をさせているのか全くわからない不透明な教育方針です。当然ように子供たちの学力は目に見えて低下し、必要な知識を与えられず社会に適応できない人も増えてきました。しかし、当の教育界は主役である子供のことを放置し、自らの保身のために汚職に励む人が大勢でてきました。これは腐敗したTV業界が自らの保身のことを優先させて業界全体を悪くしている構図に非常に似ています。もう断言してもいいかもしれません、今の公立教育界というのは子供よりも教師の食い扶持を優先させている本末転倒な腐敗業界であるということです。







そして良識のある親たちはこんな腐敗業界に子供を託すなんて考えなくなります。それでもっと信用ある私立学校や有名塾などへ子供を”移住”させるのです。公立教育が腐敗していることに気づいた親の順に私立や塾へ子供が移住しているのが塾通いが増えた最大の理由でしょう。


 



しかし、それに気づけない親や気づいても経済的な理由で公立教育へ頼るしかない家庭の子は腐敗した教育しか受けられず、おのずと私立や塾通いの子との差が広がってしまいます。それは社会へ出るとさらに広がり、結果下流を抜け出せません。そしてその子供が家庭をもっても貧乏が遺伝してしまい、子供にいい教育を受けられない・・・負のスパイラルへ陥ってしまうのです。

 

 

実際、塾通いの子が増えたことで子供たちにも 「塾へ行っているグループ」 と 「行ってないグループ」 に分かれてしまうようです。それが学力の差をさらに広げ、子供たちの間にも格差による溝みたいなものができてしまうのです。




もちろん全ての家庭に当てはまるものでもありませんが、そういった教育格差が広がっていることは確かなのです。










記事の内容:
小学生4人に1人塾通い 進む低年齢化、過熱化も

 昨年11月時点で、学習塾に通う公立小学生は25・9%で、1993年調査から2・3ポイント上昇し、過去最高の割合となったことが8日、文部科学省の学校外学習活動実態調査で分かった。学年別では小1で15・9%、小2で19・3%となり、93年調査から3・8-5・2ポイント上がって、塾通いの低年齢化が進んだ。

 保護者の6割は「塾通いが過熱化している」と答えたが、そのうち3人に2人が「学校だけの学習では不安」と感じていることも分かった。

 調査は全国の小1-中3の保護者約6万8000人と小3-中3の児童・生徒約5万3000人を対象に実施。小中全体で月平均9回通い、塾からの帰宅時間は小学生で午後6時台が31・5%と最も多かった。中学生になると午後10時以降が最多の39・9%と遅くなる傾向が出た。

 子どもの半数は「放課後に友達と遊びたい」と思っているが、各学年で「外で遊ぶ時間が少なくなった」という回答が18-31・1%、「眠る時間が少なくなった」が4・3-27・7%あった
スポンサーサイト

テーマ: 学校での出来事 社会: 格差社会 ジャンル: 学校・教育

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/152-b009c3fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。