勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<初心者>投資信託にはどんなコストがかかるの?

投資信託はプロが専門の機関でやるためこっちの手間がかからないかわりになんだかんだで手数料を取られます。それは3種類あります。いくら儲かっても手数料引いたら赤字になったなんて本末転倒なことのないようにしましょう!

 

  • 販売手数料

投資信託を買うときだけかかる手数料です。

購入金額の大体1~3%です。100万円なら3万円とバカにならない数字です。

ノーロード型と呼ばれる手数料無料のもありますが数が少ないです。

 

 

  • 信託報酬 (一番大切!)


信じて 託した プロへの)報酬です。向こうも商売ですから報酬をあげなきゃやってくれません。だからプロに信じて託している時間ずっとかかります。

年率で大体2%・・・つまり毎年2%引かれるのです

ちなみに投資信託が50%とかムチャあがったときは”成功報酬”といってもう少し持っていかれるときもありますが、その場合はこっちも大きく儲かっているので気前よく払いましょう

 

  •  信託財産留保額

わかりにくい名前です。これは必ずあるものではなくかからないものの方が多いです。

中途半端に解約する客に対しての迷惑料みたいなものです。

(詳しく述べると投資信託を運用しているプロも客が解約するとその分のお金を現金にして調達しなければならない。そのとき買っていた株や債券などを売らなければいけないときの手間賃や手数料、計画の変更料といったものである)

 

 

  • オマケ(というか一番大切)

税金

投資信託には儲かった分の20%に税金がかかります。しっかり払わないと脱税になって儲けどころか赤字になる場合もあるのでしっかり払いましょう

 

 

 

 

スポンサーサイト



テーマ: 投資信託 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/15-57eb8069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。