勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<FX会社分析>13.MJ
今回はデイトレ業者でも3強に入るMJを分析していきます。
外為オンラインやパンタ・レイ証券と併用している人が多く短期売買には必須です。



無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


【MJとはどのような業者か?】
元々MJは海外業者GFTの代行をしていたのですが、
FX業界の進展にともない2007年10月に大幅なシステムの入れ替えをしまして、
ドル円(USDJPY)のスプレッド1pipsを実現させた最初の会社です。
そのスプレッドの狭さはとても話題になり2ヶ月で口座数が
10000件を超えるなどの快挙を達成したところでもあります。
基本的には短期売買主体のデイトレに特化していてコスト面がかなり優れています。

 

【MJの特徴】
最大の利点はコストの安さに尽きます。手数料は無料でスプレッドはかなりの狭さ、
ドル円(USDJPY)は話題になっているとおり1pipsです。
また、短期売買に徹底的に特化しているのでレバレッジが最高400倍です。
そして外為オンラインよりも通貨ペアが豊富でZAR関係も充実しています。
(USDZAR、EUZAR、GBPZAR、ZARJPYがある)
それぞれスプレッドは外為オンラインよりも狭くZARJPYではスプレッドがたったの2銭になります。
この水準ならZARJPYのデイトレが十分可能です。
ボラティリティの高いZARJPYをショート(売り)するには最適の業者といえます。
また取引画面には”ワンクリック注文”があり、
画面の価格をワンクリック(1click)するだけで成行注文ができるのは
手間いらずでデイトレに適しています。

 

【MJの欠点】
ZAR関係のほうはスプレッドも狭くペアも充実しているのですが、
クロス円のスプレッドは外為オンラインに比べると多少見劣りします。
会社のホームページにはユーロ円(EURJPY)2pipsとなっていますが
これはほとんどなく4~5pipsが普通
です。
ユーロドル(EURUSD)も3~4pipsになっているので
クロス円のスプレッドに関しては外為オンラインより劣ってしまうのは確かです。
そして短期売買に特化しているだけあってスワップ金利はかなり低い水準になります。
ZAR関係もスワップが低いので長期投資には向きません。
そして今ひとつ評判がよくないシステムです。
ログインに時間がかかる上に約定するのがとても遅いため指標発表時に使えないでしょう。
話題性があり、一度にたくさんの人が口座を開いたために
システム処理が追いつかずかなりシステムダウンを繰り返し、
2月、3月と大幅なサーバー増強を行っているので多少は改善の傾向が見られます。

 

 ◆OCO注文にトレールが使えない◆
MJは取引システムを完全にレンタルしているらしく
OCO注文にトレールが使えないのが仕様になっています。
約定能力に今ひとつ感が残るこのシステムでトレールによるストップ注文ができないのは
少々難点であるかな・・・と個人的には思っております。

 

 【MJの総合判断】

評価

理由

点数

デイトレ

手数料無料かつ業界最狭のスプレッドの強さはとてもいいが、
サーバーが多少弱いのはデイトレには不便。
レバレッジ400倍の利点を生かせればかなり使える

8

スワップ

短期売買に特化しているのでスワップはかなり低い。
買いスワップと売りスワップの差がかなりある
5

コスト

ユーロ関係は多少見劣りするが、
ランド関係のコストはとても安くデイトレには適している
8

安全性

自己資本規制比率などは合格ライン、預かり残高も多いのでかなり安心できる。
親会社は上場企業なだけあって信頼性は問題なし

8

サーバー

ログインが長く、安定感はイチマチ。
まだ新システムになって間もないので今後の改善が期待できる
5

サービス

コストが安いのはここを削っているため。
情報サービスは少ないが取引画面の帯ニュースが見られるのは評価できる
5

人気

デイトレ用口座としての人気は高い。
レバレッジ400倍というのも魅力のため短期売買口座として大人気
9

総合判断

長期には向かない完全な短期売買特化FX業者。
レバレッジ400倍やZAR関係のコストの安さを生かせることができれば使える。
リスクが高い取引に向いているため中級者以上むけ
8

 

 

【MJに適している人】

短期売買(デイトレ派)◆
多少外為オンラインにコストで劣るもののデイトレ口座としては十分な評価です。
特に画面上の”ワンクリック注文”は1秒を争うデイトレには最適の方法であり、
私もデイトレには主にそれを使っています。
ユーロ関係のスプレッドが多少広いのでそれを避け、
ドル円(USDJPY)やZAR関係の短期売買には最適です。

 

 

 ◆ZARなどボラティリティの高い通貨をショート(売り)したい人
MJと外為オンラインの最大の利用方法の違いはZARのコストです。
MJはZARJPYのコストが2銭とはるかに安くデイトレに使うことができます。
ZARJPYはリスク回避が主体になる日には2%ほど、
つまり数値にして30銭ほどの変化になるのでMJではデイトレが十分可能です。
他の業者では10銭以上コストがかかるためかなり厳しい取引になってしまいます。

 

 

 

MJの詳細データ】

会社名MJ
資本金7億6500万円  
株主・出資者プラネックスコミュニケーションズ連結子会社
上場親会社がJASDAQ上場(6784
自己資本規制比率249.0%
口座数16,954
預かり残高41億円
デモ×
使用システムweb上
システムの内容FONOX系
システムの重さログインが少々長い、取引システムは軽い
資産管理方法信託保全
保全先新銀行東京 少し不安が残る・・・
ロスカット20%
携帯対応
サービス名SpotBoard
最低取引通貨単位10,000
手数料無料
スプレッド(USDJPY)1pips かなり狭い!
通貨ペア32 (パンタ・レイ証券の2倍以上!)
ZAR○ 
TRY×
ISK×
レバレッジ200倍、300倍(条件つき)、400倍(条件つき)
初回入金5万円
オンライン入出金
両建て
スワップ金利の扱い含み益
通知メール○ 
情報サービス

ダウジョーンズ
FXWAVE
為替情報配信サービス
経済指標カレンダー
セミナー情報

備考レバレッジ300倍は10万通貨以上、
400倍は100万通貨以上と条件つき。
しかしZAR関連はレバレッジ200倍まで
セミナー山中康司先生のサポートセミナー
キャンペーンとくになし

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ: FX会社分析 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/123-b83b9dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。