勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

<FX会社分析>12.外為オンライン
今回はデイトレに必須の外為オンラインを分析します。
同じデイトレ用としてパンタ・レイ証券やMJとどれぐらい違うものなのでしょうか?



無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


【外為オンラインとはどのような業者か?】
元々システム会社だったのが金融業界のプロが入ったことで
心機一転FX業界に参入してきたかなり新しい後発組のFX業者です。
そのシステム関係のノウハウを生かしてかなり使いやすいツールを使い、
手数料無料かつ業界最狭のスプレッドを実現させました。
スワップ金利も高く短期、長期どちらにも使える万能型FX業者です。

 

【外為オンラインの特徴】
最大の利点は手数料無料・業界最狭のスプレッドです。
ドル円(USDJPY)とユーロドル(EURUSD)はほとんど1pips、
ユーロ円(EURJPY)は2pips、ポンド円(GBPJPY)は5pipsと
業界で一番狭い状態がとても長く続きます。
同じデイトレ業者のMJパンタ・レイ証券はユーロ円(EURJPY)が4pips、
ユーロドル(EURUSD)が3pipsになっていますので
ユーロ関係ではとてもコストが少なくデイトレには最適です。
また元システム会社だけあってサーバーもかなり強いもので
指標発表のブレも他の2社に比べると少ないです。
そういったところが人気を得て口座数は100,000を突破していて、
後発組ながら大手業者になったかなり勢いに乗っている業者です。

 

【外為オンラインの欠点】
クロス円のスプレッドは狭いですが、
他のスプレッドは少し広めに設定されています。
特にランド円(ZARJPY)はスプレッドが10銭にもなってしまうので
とても取引できるレベルにはありません。
また後発組ということでやや会社の信用性が不透明です。 

 

一度行政処分があった◆ 
外為オンラインはコストを削った短期売買方針でFX業界に入ってきましたが
、コストを削りすぎて投資金が少なかったのか最初のサーバーはとても弱く
指標発表時にはシステムがダウンしてしまうというお粗末ぶりでした。
それで金融庁から”システムを直せ”とのお叱りを受けて再構築をした結果、
現在のような超高性能な取引システムができあがりました。
このように一度地に堕ちてしまいながら這い上がってきたために
底力がとてもあると個人的には思っています。

 

 

 【外為オンラインの総合判断】

評価

理由

点数

デイトレ

手数料無料かつ業界最狭のスプレッドの強さはとてもいいものです。 指標発表時には多少ブレるものの許容範囲内でしょう。

9

スワップ

これほどのコストの安さでありながらスワップ金利もかなり高い水準、 通貨ペアもかなり豊富ですが、 ランド円(ZARJPY)のスプレッドなど広いものもあります。
8

コスト

手数料は無料でスプレッドも狭くユーロドル(EURUSD)や ユーロ円(EURJPY)のコストは業界で一番安い水準にあります
9

安全性

自己資本規制比率などは合格ライン。 預かり残高も多いのでかなり安心できる。

7

サーバー

システムはとても軽くサーバーもかなり安定している。 多少スリップページが多いが、約定できないようなことはない
8

サービス

コストが安いのはここを削っているためであり、 FXWAVE以外は情報サービスはほぼなし。セミナーもいまいちのレベル
5

人気

短期、長期にも使える上にデイトレ用口座としてとても人気が高い。 後発組なのに口座数が100,000を超すのはかなりすごいレベルである。
9

総合判断

短期のデイトレに最適な上にスワップ金利も高く長期投資にも向いている かなりいい業者である。ただし情報サービスは少ないので それを補える別の業者と併用するのがいい。
9

 

 

 

 

・・・ 外為オンラインに適している人 ・・・

 

 短期売買(デイトレ派)
ここはコストが相当に安くサーバーもデイトレ業者の中では安定しているため
デイトレには必須といえます。特にデイトレは1つの業者だけでやると
システムがダウンしたときとても困るため2つ以上持ったほうがいいです。
ここは同じデイトレ業者のMJパンタ・レイ証券と併用がオススメです。

 

 ◆ユーロデイトレ派◆
ユーロ関係のコストは最高レベルの安さです
MJパンタ・レイ証券はユーロ円(EURJPY)が4pips、
ユーロドル(EURUSD)が3pipsになっていますのでともに2pips、
1pipsの外為オンラインのコストのほうが圧倒的に有利です。
唯一劣るといえばレバレッジが200倍なところですね。
他の2社はレバレッジ400倍までかけられるのが差になります。

 

 

 

 

 

 

外為オンラインの詳細データ】

会社名外為オンライン
資本金1億6000万円  
株主・出資者ISホールディングス
上場未上場
自己資本規制比率417.3%
口座数100,163 (後発組で100,000突破はすごい!)
預かり残高87億円
デモ○ ⇒ デモ画面
使用システムweb上
システムの内容独自システム
システムの重さとても軽い
資産管理方法信託保全
保全先三井住友銀行
ロスカット証拠金100%
携帯対応
サービス名外為オンライン
最低取引通貨単位10,000
手数料無料
スプレッド
(USDJPY)
1pips かなり狭い!
通貨ペア24
ZAR○ 
TRY×
ISK×
レバレッジ200倍
初回入金5000円
オンライン入出金
両建て
スワップ金利の扱い含み益(長期のスワップ投資向け!)
通知メール○ 
情報サービス

兵ブロガーによる週刊予想相場
FXWAVE

備考システム管理が不十分ということで一度行政処分を受けています
しかし元々システム会社なのでその点はかなり改善されています!
セミナー少ないですが、20名限定の小数セミナーを開催
キャンペーン新規口座開設で5000円キャッシュバック

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ: FX会社分析 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/122-95658198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう