勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<初心者>くりっく365と非くりっく365
FX業者には大きくわけてくりっく365の業者とそうでない非くりっく365業者に分けられます。ではこのくりっく365とは何なのでしょうか?






無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


 

【くりっく365とは】

くりっく365とは、東京金融先物取引所に上場している「取引所為替証拠金取引」のことで世界初の公設為替取引所でもあります。つまり株の代わりに為替を扱う証券取引所みたいなものですね。

 

 

【なぜくりっく365ができたのか?】


FXは2005年7月に金融先物取引法の対象となりました。それまでのFX業界は犯罪を犯す輩の無法地帯となっていたので、投資家が公正で透明なルールや規制のもと、いつでも安心して取引できる場所として誕生したのです。ですからくりっく365は安心して取引できることに重点をおいています。

 

 

【くりっく365のメリット】

  • 流動性が高い

くりっく365では、常に複数の有力金融機関が価格を提示しているため高い流動性があります。なので価格が出ないで注文が取り次げないといったことはほぼありえません。

 

  • 売り・買いのスワップの差がない

くりっく365ではスワップポイントを取引所が一本値で決定するため、投資家が余計なコストの負担をすることがなくなるため売りと買いのスワップポイントに差はありません。

 

  • 税金が優遇される

くりっく365の課税税率は20%です。また、「分離課税」、「損失の3年間繰越控除」、「証券先物・商品先物との損益通算」のメリットがあります。非くりっく365業者だと、利益にかかる税率は最低15%~最高50%以上にもなります。なので利益が多ければ多いほど税金面で有利になります。また、損益通算ができるため日経225や商品先物の利益や損失と相殺が可能で確定申告には有利ですね。

 

  • 信託保全以上に安全

くりっく365は安全面に一番気を使っています。まず、くりっく365に参加できるのは激選された優良業者だけなのでJNSのような犯罪まがいの登録業者など存在しません。そして取引所が全ての取引の相手となるため、業者の破綻リスクが事実上皆無でしょう。最後に金融先物取引法という法律で顧客資産は保障されているので万一業者が破綻しても国家権力が責任をもって資金を返還してくれます

 

 

 

 

【くりっく365のデメリット】

  • 通貨ペアの少なさ

SAXO業者が160種類の通貨ペアを扱う一方で、くりっく365にはクロス円のペアしかありません。具体的にはUSDJPY、EURJPY、GBPJPY、AUDJPY、NZDJPY、CADJPY、CHFJPYの7種類しかありません。デイトレにはいいかもしれませんが、長期投資には似たような通貨ペアしかないので相関係数によるリスクヘッジもできません。

 

  • システムは不完全

くりっく365はまだ始まって時間がたってないのでシステムが完全には確立していません。そのためトレードツールは貧弱なものが多くフリーソフトなみのものまであります。FXA証券やSAXO業者、MT4の分析と比べると相当の差があるのは事実です。

 

  • コストは割高

外貨預金ほどではありませんが、くりっく365のコストは安全性を高めるために資金を必要とするため非くりっく365業者より高いです。手数料無料の業者は当たり前のFX業界で210円~1050円の高い手数料を取られます。また、スプレッドも外為オンラインMJがUSDJPYを1銭としているのに対して5~10銭もの広いスプレッドを取ります。実質のコストは20~25ほどになり、1桁台の業者と比べるとかなりの差です。

 

  • レバレッジは低い

投資家の安全を確保するためなのですが、レバレッジは20倍ほどと低い水準になります。MJパンタ・レイ証券が400倍ものレバレッジをもてるのに比べても拡張性に欠けるものです。

 

  • GTC注文ができない

これもシステムの不完全のひとつです。GTCは無期限有効注文で、顧客のほうでキャンセルしない限り無期限に注文が有効になる注文方法なのですが、くりっく365はこれに対応していません。なので指値をして待つときは毎日、毎週いちいち注文を入れなおさなければいけません。

 

 

 

 

メリット

デメリット

流動性が高い

通貨ペアは少ない

スワップの差がない

システムは不完全

税金の優遇

コスト割高

取引所による保証

低レバレッジ

 

GTC注文不可

 

 

 

 【メリットの裏側】

実はくりっく365のメリットは税金面だけと言われています。流動性ですが、MJ1社の取引額がくりっく365より多いなどと実はあまり流動性高くありません。また確かに売り・買いのスワップ差は無いのですが、プラススワップだけを見ればセントラル短資のほうが高いので長期的な投資には向きません。そして取引所による保証ですが、法律による保証は信託保全も同じなのでなにがなんでも安全性を重視しない限り気にするほどの差にはならなのです。よってくりっく365の実質的なメリットは税金面だけと言ってもいいかもしれません。

 

 

 

【税金の差】

FXの利益額

税率(非くりっく365)

くりっく365

20万円~195万円

15%

20%

195万円~330万円

20%

20%

330万円~695万円

30%

20%

695万円~900万円

33%

20%

900万円~1,800万円

43%

20%

1,800万円~

50%

20%

 

 このようにFXの利益が330万円以上になる場合はくりっく365のほうがいいでしょう。2000万円以上では税率の差が30%もありますから、2000万円の30%・・・600万円もの差になるでしょう。しかし年間330万円ということは、1日1万円のスワップ収入レベルなのでかなり敷居は高いです。

 

 

【結局どちらがいいのか?】

どの業者を選ぶのかの最終的な判断はご自身で行う自己責任が投資です。ですが、私的な意見としてはコスト・システム・使いやすさ・サービスの質、あらゆる面で非くりっく365に軍配が上がります。FXをやっている人もこの差を実感し、くりっく365を使っている人はかなり少ないです。いくら税金が少なく済むといっても利益が出なければどうにもなりません。質のよい非くりっく365を使い330万円以上確実に稼げるレベルまでいってからくりっく365に移ればいいのではと思います。

 

 

非くりっく365で330万円以上稼げないならくりっく365を使う利点は皆無!

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ: 勝ち組になる 社会: 格差社会 ジャンル: ビジネス

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/108-7797d817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。