勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

<初心者>FXのリスクを正しく理解する!
どんな社会であったもリスク0の超おいしい話などありません。もしそんな話をもちかけてくる人がいたら100%詐欺でしょうね。リターンの裏には必ずリスクが潜んでいます。しかし正しくリスクを理解しコントロールすることができれば恐れることはありません。ではFXのリスクについて理解していきましょう。



無料で現金がキャッシュバックされる情報!
FX業者には無料で現金をプレゼントしてくれる業者が
こんなにたくさんあることをご存知だったでしょうか?
http://fx-level.com/


 

【リスクの意味】

まず、リスクという言葉自体の意味を「危険」と捉える方も多いでしょう。それは少し違いますね、リスク自体の意味は「危険率」といい「予想と外れる可能性がどれだけあるか」ということです。例えば10%値上がりすると予測された株があるとします。その株は予想に反して20%値上がりしました。上がるんだからいいんじゃないと思いますが、予想から10%外れた事は事実です。ですからこの株は10%のリスクがあることになるのです。仮に株が-20%になったとしたら予想は+10%ですから誤差は30%となり30%のリスクがあることになります。

予想結果誤差=リスク
+10%+20%誤差10% (リスク10%)
+10%-20%誤差30% (リスク30%)

リスク = 予想と事実の誤差

 

という意味を理解してください。

 

【リスクとは勇気のこと】

今はリスクが誤差の可能性と捉えられていますが、実はリスクの起源はイタリアの「勇気をもって挑戦する」という意味から由来しているのです。リスクをとることは危険なことではなく勇気のあることです。逆にリスクを恐れて何もできないのは慎重ではなくただの臆病なだけです。リスクをとるのは勇気である。偉大な先人の言葉を知り、勇気をもって挑戦(チャレンジ)しましょう

 

リスクをとることは危険なことではなく勇気のあること

リスクを恐れて何もできないのは慎重ではなくただの臆病なだけ

 

 

ちょっと前置きが長くなりましたがFXのリスクについて説明します

 

 

  • 為替変動リスク

これはわかりやすいですね。為替の価格が変動しますから自分の予想と外れた場合外れた分の差が損失になってしまいます。この値段が変動しやすい高金利通貨ほどリスクが高いことになります。

 

 

  • 金利変動リスク

金利というのはいつも一定ではなくて変動するものです。例えば日本の金利が10%になり(ありえないですが)、アメリカの金利が0%になってしまうとドル円ではスワップをもらうほうから払うほうになるかもしれません。実際金利というものはそんなに大きく変動しないので金利逆転が起こりうることはないでしょうが、0ともいえません。

 

 

  • レバレッジリスク

レバレッジをかけることで証拠金の何100倍の取引ができるのがFXの魅力のひとつですが、それはハイリスク・ハイリターンになることになりますから、利益も100倍なら損失も100倍になります。レバレッジを高くして予想が外れたら大きな損失をこうむることがあります。

 

 

  • 流動性リスク

市場というのは、買う人と売る人がいて初めて成り立つものですから、例えばドルを売りたいと注文を出しても買いたい人がいなければ売買は成立しませんね。また売る人がたくさんいても、買う人が極端に少ないときは注文を誰につけたらいいか混乱します。こういった注文が成立しにくかったり、成立しないことがあることを流動性が無いことから流動性リスクといいます。

 

 

  • システムダウンリスク

これは会社の信用リスクともつながりますね。FXの注文はFX業者のシステムで管理していますから、もしシステムが停電などで壊れてしまったりしたら注文ができなくなることがあります。そういった時の損はFX会社の責任ですからFX会社が保障してくれますが、システムがダウンするような会社は信用できなくなりますね。ちゃんとした会社ならシステムを何重にもしたり海外に予備をおいたりしているのでシステムがダウンすることはほとんどありません。

 

 

  • 会社の信用リスク

これは取引とはまた別物です。ようは取引するFX業者が倒産する可能性があるかどうかの問題です。実はFX業者はたくさん乱立していまして、それぞれ顧客をとるための物凄い競争をしているため脱落して倒産するFX会社もあります。倒産すると預けた証拠金やせっかく儲けた利益が差し押さえられて戻ってこない場合があります。私の紹介している”勝ち組のFX会社”なら心配ないでしょうが、物事に絶対はないので会社の信頼性に注意する必要があります。

 

 

  • 会社の犯罪リスク

一昔前にはFX会社の中には犯罪行為をする社員がいることがあり、その社員がインサイダーなどの犯罪行為をすることで私たちの預けた証拠金を悪用することがあったのです。もちろん犯罪ですから厳しく罰せられるのですが、それに割を食うのがその会社で取引をしていたお客さんです。持ち逃げをされたりしてお金が戻ってこないこともあったので大変でした。しかしそういった悪行会社は淘汰されているので今は存在しません。しかし野村證券の中国人のような人がいつ出てくるかわからないことも事実です。

 

 

ここ最近犯罪行為をしたFX会社

 

  1. FX札幌 : 顧客資産流用(2007年10月)
  2. アルファFX : 顧客資産流用&夜逃げ(2007年12月)
  3. 日本ファースト証券 : 破産(2007年クリスマス)
  4. ニッツウトレード : 破産(2008年4月)
  5. JNS : 脱税&顧客資産流用&不正な業者登録&ずさんな経営(2008年1月)

 

 これらは全て駆逐されているので今残っている業者は信頼できるところが多いです。

 

 

 

【顧客の資金は安全になってきてる】

上の会社の信用リスクが問題になったため、今FX会社の多くは信託保全をして顧客の資金を安全に管理しています。信託保全は顧客から預かった資金を第三者の人に預けて管理してもらうことでFX会社が悪用できないようにする仕組みです。これのおかげで例えFX会社が資金繰りや犯罪で倒産しても顧客資金は安全に管理され返還されることが法律で保障されることになりました。よって会社の信用リスクはかなり小さくなってますね。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ: 勝ち組になる 社会: 格差社会 ジャンル: ビジネス

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2union.blog47.fc2.com/tb.php/106-f1d39b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう