勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

ついに来た預金封鎖!キプロスでお金が下ろせない事態に

 欧州連合(EU)ユーロ圏財務相会合がキプロスへの財政支援と引き換えに全ての銀行預金への課税を決めたことを受け、キプロス政府は16日、全銀行口座からの引き出しを制限する預金封鎖を開始した。ロイター通信などが報じた。

通常は土曜日も開店している小口金融機関が閉店しているほか、現金自動預払機(ATM)からの引き出しやインターネット上での資金移動も制限されている。一部銀行店舗では、早朝から預金を引き出すため預金者が列をつくる騒ぎもあった。18日はキプロスの休日で、同国議会は銀行が営業を再開する19日までに必要な法律を可決し、課税を完了する。

預金封鎖は全預金のうち、課税対象となる10%弱の部分が対象。預金への課税はこれまでギリシャなどでも行われなかった異例の措置だ。キプロスの銀行口座保有者の半数近くはロシア人とみられており、ロシアの富裕層や犯罪組織による脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)の可能性が指摘されている。

預金封鎖とは政府によって全銀行の口座が封鎖されてお金を下ろせないようになることです。要は政府による国民の資産没収というわけです。今までハイパーインフレなどから預金封鎖の話があっても、日本は先進国だ。日本はIMF出資国だ。という話で ”ありえない” 話になってしまいますが、今の世の中一瞬先は闇であり、いつ何時なにが起こるかわからない時代です。預金封鎖も以前イタリアの一部で実施されるなど、着実にひたひたと迫ってきています。いまや先進国のほとんどが破産寸前の借金をかかえており、いつどこの国で破産デフォルトと預金封鎖が実施されるかわかりません。今の株高円安は破産前に資産を増やせる最後のチャンスと言っていいでしょう。ここで資産を増やせないと、やがて来る預金封鎖の時にひどい目にあう可能性が高くなります。




スポンサーサイト
▲TOP
生活保護215万人=昨年12月、過去最多を更新―厚労省
厚生労働省は13日、2012年12月の生活保護受給者数が前月比3862人増の215万1165人、受給世帯が3026世帯増の157万823世帯になったと発表した。ともに過去最多を更新した。

生活保護って憲法に定められている健康的で文化的な最低限度の生活を保証するから支給するって言うけど、受給者って憲法にある「勤労」「教育」「納税」の義務果たしてないよな。特に「納税」、消費税納めているとかじゃねえよ、所得税や住民税払ってから権利主張しろや


▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう