勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
こんな学校はじめて!?それとも学校全部がこんなに腐ってる?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000284-yom-soci

大津いじめ、全教諭調査結果を遺族に伝えず

大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺したとされる問題で、自殺直後、学校側が全教諭に対し、男子生徒へのいじめの有無を調査していたにもかかわらず、その結果を遺族に伝えていなかったことが、市教委への取材でわかった。

文部科学省は指針で、自殺があった場合、1週間以内に調査し、遺族に説明するように求めているが、学校側は調査したことさえも知らせていなかったという。学校によるずさんな対応がまた浮かび上がった。

市教委によると、調査は自殺直後の昨年10月中旬、教諭約60人にいじめを見聞きしたかどうかをアンケートで質問。男子生徒の担任や2年生の担当教諭ら約10人については、校長らが直接聞き取り、記録していたという。文科省が昨年3月、自殺の再発防止に向けて策定した「子どもの自殺が起きたときの調査の指針」では、学校側の対応として「自殺から3日以内に全教師、数日以内に亡くなった生徒と関係の深い生徒から聞き取りを行い、1週間以内に遺族に説明する」との原則を示している。

しかし、市教委が調べたところ、学校側は遺族に対し、全校生徒対象のアンケート結果を伝えただけで、全教諭を調査したことや結果を説明していなかったという。市も近く設置する外部委員会で、説明しなかった理由や経緯を調べる。
市教委も、学校の遺族対応の不手際について把握はしていなかった。


スポンサーサイト
▲TOP
日本三大悪:民主、東電、そして大津の教育委員会
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120723-00000005-sasahi-soci

大津市の中2男子生徒(当時13、以下「被害少年」)の自殺から約9カ月たったが、今回の被害少年の死に至るまでの経緯を見たとき、断じて許すことができないのが、大津市教育委員会の対応だ。

 本誌は取材中、大津市の澤村憲次教育長のとんでもない話を聞いた。

「例のいじめのアンケートについても、今回大きく報道されるまで詳細について澤村氏は内容を把握していませんでした。なぜなら、報道で詳細がわかると『え、こんな内容?』とびっくりするような感じで話していましたから」(別の市職員)

 澤村氏が教育部次長だった当時、パソコンから個人データが漏洩する出来事があった。そのときの様子を前出の市教委関係者は振り返る。

「澤村さんが『マスコミにばれなきゃ、たいしたことじゃない』『マスコミが騒ぎすぎる』という話をしていた。今回も『どうして騒ぎが大きくなるのか』『こっちも被害者』『なぜ今ごろ、警察がしゃしゃり出てくるのか』『いじめが自殺の原因だなんて認めていないのに、この報道はおかしい』と不満げな表情で市教委幹部に言っている」

もはや詮索なしの黒幕。自分のことしか考えてない。自分の保身しか考えてない。自分の責任逃れしか考えていない。こいつの言葉に亡くなった生徒への言葉すらない。こんな屑久しぶりに見たわ。


▲TOP
中2自殺の翌月、大津市教育長が豪へ視察旅行
大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺したとされる問題で、その翌月に同市の沢村憲次教育長がオーストラリアへ視察旅行に出かけたことが、批判を浴びている。

 市教委による追加の全校アンケートで「葬式ごっこ」などの回答を得た2日後に出発していた。学校側の「問題なし」との報告をうのみにしたもので、市教委には、調査のずさんさが明らかになった今月になって抗議電話が殺到。市は近く設ける外部委員会で、市教委や学校の判断の経緯を調べる方針だ。

 市教委などによると、沢村教育長は市長の代理で訪問団に参加し、団長として昨年11月6日から5日間、市と交流している豪州モスマン市を訪れた


とりかえすのつかないことをしてしまった=たかが子供1人で自分のキャリアに傷がついたってことだよなあ。


▲TOP
今の教育は子供のためではなく、教師のため。子供は殺してでも教師の利権を守る
今の教育は子供のためではなく、教師のため。子供は殺してでも教師の利権を守る。
大津の教育委員会はそれの象徴的存在。自己保身の発言しかしていない。
今更 「とりかえすのつかないことを~」 といっても13~15の子供にすら信用されん。


滋賀県大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺したとされる事件は、自殺生徒の父親が元同級生らを告訴するなど全国的な話題となっている。事件が騒動になって以降、担任教師の男性は表に出なくなっている。7月12日に開かれた保護者説明会にも、出席しなかった。
 
「保護者からは『担任が出てきて説明すべきだ』という声が上がったが、校長は『自分の判断で出席させなかった』の一点張りでした。担任がいじめの様子を見ていながら『そのくらいにしとき』と笑っていたともいわれている。そうしたことが本当だったのかどうかが知りたかったのに、説明会では何も答えていません」(2年生の母親)

 なぜ彼は表で説明しようとしないのか。それは、「彼がしゃべれば、学校がこれまで行なってきたいじめの封印工作がすべてばれてしまうから」(学校関係者)だという。

 それだけではない。学校側が恐れているのは、この担任教師自身に、事件を起こす土壌を作った原因があったことを追及される可能性があるからだ。 この教師は、かねて生徒への「無関心」が問題視されていたという。

「彼が以前いた大学の附属中学では、韓国語の教育に力を入れるなど熱心だったそうですが、この中学に移ってからは次第にそうした熱がなくなり、無難にやり過ごす態度が目立っていたようです」(PTA関係者)

 今回の自殺が起きる直前の昨年夏、この中学校で起きていた“事故”も、担任教師のそうした教育姿勢がもたらしたものではなかったか。同校の生徒の一人が明かす。

「先生が受け持つ柔道の授業で、ある男子生徒が足を怪我したんです。ところが、先生は『大丈夫だ』といって、彼は次の日に行なわれた水泳大会に参加させられた。それで、怪我が悪化してしまったんです。あとでわかったんですが、柔道の授業のときにすでに骨が折れていたようなんです。なのに先生のいうまま、彼は足が真っ赤に腫れた状態のまま水泳大会に出て、終わったあとは全く歩けなくなっていました」

 後に生徒の保護者が、教師にこのことを訴えたところ、そっけない態度で軽く流されてしまったという。この男子生徒は、自殺した生徒のクラスメートだった。





▲TOP
もはや鎮火のメドなし。教育格差ではなく教育崩壊
「教師がいじめ注意」生徒証言と学校側食い違い

翔子、ブログで大津いじめ問題に言及! 「遊びだったというなら同じ目にあってみろ」と怒り爆発!
大津の生徒自殺、いじめ以外の要因も…市教育長

いじめをしない、させない、見逃さない、許さない学校」 いじめ自殺の中学校は「道徳教育先進校」だった

教育崩壊が如実に出ている今回のいじめ事件。
今まで村社会で表に出してなかっただけで、教育などすでに崩壊寸前。
子供のためではなく、穀潰しの教師の肥溜めのためだけの業界。
そりゃあ、頑張っている教師のほうが多いのは確かだが、
愚教師は1人で100人分の働きをするもんだ。
だから浄化作用が必要なのに、こともあろうにその真逆のことをやっている。

そういや2008年にも大分県教育委員会汚職事件があったけど、
今Wikiを見てみると、記事が削除されてるんだよな。
こういうところからも、もみ消し第一で生徒は二の次の教育ってことがよくわかる


▲TOP
教育崩壊もここまできた。命より保身を考える教師とクズだらけ
http://ameblo.jp/dewisukarno/

デビィ夫人で大津のいじめ事件の情報が掲載されています。
世間に影響力の強い芸能人がここまでするのは凄いことなんじゃないでしょうか?
小粒なら圧力でつぶされるかもしれませんが、夫人はバックが違いますからね。

加害者少年グループの リーダー 木村束麻呂(ツカマロ)は
事件後 既に 大津市立皇子山中学校から京都へ転校。
父親は 木村 真束(マヅカ) 「マヅカ3Dワークス」という会社経営。元PTA役員。
母親の 木村 恭子は「大津市地域女性団体連合会」の会長を務いて、
人権を守る大津市民の会」に所属していた。

すげーな。カエルの親はカエルか。 事件後は「あんたの子供は死んだけど、自分の子供は生きていかなくちゃいけない。どうしてくれるんや!」 「冗談真に受けて ホントに自殺するなんて こっちが被害者だわ」と発言。 こりゃあすげー。人権どこいったんだ?PTAって誰のため? 己の保身のみを考えPTAという名前だけを利用してただけであることが容易に想像できる。

主犯格の一人 小網健智(コアミ タケサト)
父親の 小網修氏は 元PTA会長。 
祖父 小網勝氏は 滋賀県警のOBだそうです。
祖父が書いたとされる ブログには 「いじめを把握できなかった学校の責任。被害届を受理しなかった警察の責任を取り上げる以前に少年(被害者)の父母は自分の子供の日常生活の状況や心の悩みに対して平素から 真剣に対応したのか・・・」 と、被害者遺族に責任転嫁するような記事を書いています。

いやこっちもすげー。圧力がかかって表面化しなかったのは想像してたが、本当に想像どおりだったなぁ。滋賀県警のOBはなによりも警察の責任回避がお好きなようですね。さっさと原因が明らかになって屑どもを一掃できれば、逆に警察は仕事したって言われるのに。馬鹿でも、いや馬鹿だからこそ警察って務まるのかねえ。

主犯格の一人:山田晃也(こうや)この少年も京都へ転校済み

そして「やりすぎるなよ」といじめを笑っていた教師こと:森本進。 ハングルが得意な人権教育のエキスパートだと。 ハングルっていうと朝鮮人なんだろうかと推測できるし、まぁ事実そうなんだけど。 それよりも人権教育のエキスパート!こっちのほうがツッコミどころ多すぎだろ。 ああ!死んじゃえば、殺しちゃえば、人権はなくなる!そういう考えなんだな。 すごいなー。人権教育を隠れ蓑にした、責任回避と見殺しのエキスパートにすべきだね。


大方の予想どおり、いじめの主犯格グループにはPTA会長やら警察OBが関わっていて、 それが圧力をかけて、いろいろ生徒にいってもみ消しを測ったことが明白になったわけで。 今度もどんどん出てくるだろうね。もみ消しをやったから、かえって余計出てくるわ。皮肉だねえ。 このネットワークの時代、関係者をすべて皆殺しにでもしない限り情報の流出なんて防げるわけ無いんだよ。 さあどんどん出てくるねー。こういうのって犯罪隠匿剤にならないの?








▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。