勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
暴力ゲーム規制は違憲=表現の自由侵害-米最高裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011062800101

【ワシントン時事】米連邦最高裁は27日、カリフォルニア州の暴力的ゲームソフトの子ども向け販売規制法について、憲法修正第1条で保障された表現の自由を侵害するとして、違憲とする判断を下した。同様の規制法を導入している他州にも影響を及ぼすのは必至だ。残虐な描写が多いゲームは子どもに悪影響を及ぼすとして、同州は2005年に性的暴行や惨殺シーンを含むゲームの18歳未満向け販売・貸し出しを禁止する州法を制定。これに対し、ゲーム業界は「表現の自由を侵害する」として提訴、07年に連邦地裁が違憲判決を下し、連邦高裁も違憲判決を支持していた。

表現の自由>子供への悪影響。そもそも子供にどういった影響があるの?それより倫理観や道徳を子供に教えるほうが正しいのでは?結局、こういうのに反対している教育関係とかは 「私らは子供に倫理も道徳も教えられません。子供はこういうのを見ると絶対犯罪を起こす信用できない奴らです。だから規制しろ」 って自らの無能と、子供への信用の無さを表してるだけでしょ。某I都知事といい、ほんと老害が多いね。



スポンサーサイト
▲TOP
東電が「電力使用率」の数値を水増し
http://www.mynewsjapan.com/reports/1453

Yahooや東電のホームページ、駅の電子掲示板などで表示されている「電力使用状況グラフ」の使用率数値が、水増しされていることが分かった。「ピーク時供給力」を、稼働可能な設備のフルの容量ではなく、そのつど東電が恣意的に決めた「供給目安」の数字とすることで分母を減らすのがその手口で、実際より15%も上乗せされている日もあった。この指摘に対して東電は「確かに『本日のピーク時供給力』というのは分かりにくいですね。それとは別に本当の『最大供給能力』というのがあるのは事実です」と認めたが、「今後7~8月と需給がひっ迫してくればおのずと本当の上限値に近づきます」と、恣意的な目安に過ぎない数字をピークだと偽り続けている責任など、知らぬ顔だ。


以前から東電・政府の言う事を信じてるやつは馬鹿だ。阿呆だ。奴隷だと言っていますが、わからんやつはわかりません。そうやって今頃明らかになってから後悔したり、怒り始めるんです。もう一度言います。東電・政府の言う事を信じてるやつは馬鹿だ。東電は戦後最悪の隠蔽企業


▲TOP
臓器提供の21歳男性が所在不明
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110624-00000029-jnn-soci

所在不明になっているのは医師に腎臓を提供した21歳の男性で、警視庁に今年2月、捜索願が出されていることがわかりました。この事件は、腎不全を患っていた東京の医師・堀内利信容疑者が、暴力団組員の滝野和久容疑者に1000万円で臓器移植の仲介を依頼し、元暴力団組員・坂上文彦容疑者と養子縁組を結ぶなどして親族間の生体腎移植手術をしようとした疑いなどで5人が逮捕されたものです。 堀内容疑者は手術直前にさらなる報酬を要求され、手術を断念しましたが、その後、埼玉県内の21歳の男性と養子縁組を結んだ上で、愛媛県内の病院で男性から生体間腎移植を受けていました。捜査関係者などへのその後の取材で、腎臓を提供したこの男性が去年から所在不明になり、今年2月に警視庁に捜索願が出されていることが新たにわかりました。逮捕前、坂上容疑者はJNNの取材に対し、こう話していました。 「もう1年くらいになります。(男性は)失踪しているんですよ。親の所にも連絡してきていない。友達の所にも連絡はない」(坂上文彦 容疑者)警視庁は、この移植にも滝野容疑者らとは別の暴力団グループが関与している疑いがあるとみていて、男性が事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べを進めています。

つい最近iPad?iPhone欲しさに臓器提供した中国のオバカさんがニュースになりましたが、その方をもう笑えないですね日本も。中国が日本のレベルに来たというより、明らかに日本が中国レベルまで堕落してきていますね。もう日本は衰退以外にないんじゃないですか?


▲TOP
静岡知事「飲用茶にすれば問題ない」

http://www.asahi.com/national/update/0618/TKY201106180410.html

静岡」の茶から基準を超える放射性物質が検出されたとのフランス政府の発表を受け、静岡県の川勝平太知事はコメントを発表し、「仮に製茶の数値が1千ベクレルだとしても飲用茶にすれば10ベクレル程度になる。飲んでもまったく問題ないと考える」と県の独自調査の結果を示して安全性を強調。その上で「情報を確認し、早急に輸出ルートを調査する」とした。茶の輸出手続きを担当する同県経済産業部によると、フランスで検査対象となった茶の最終加工地が「静岡」だった可能性はあるものの、県内では他県産や海外産の茶葉を加工して出荷する場合もあり、茶葉自体がどこで生産されたものかはまだ分からないという。東京電力福島第一原子力発電所の事故以降、欧州連合(EU)への食品や飼料の輸出には産地証明書が求められているといい、同部は農林水産省や日本貿易振興機構(JETRO)などへの情報収集に追われた。

この知事はお茶が売れることしか考えてないのか~そうだとしても商売人としてあまりにも大馬鹿すぎる。仮に安全基準でも危険物質が入ったものを飲みたいと思うか?食べたいと思うか?このお茶にフグ毒が入ってますけど安全です。アスベスト入ってるけど安全基準です。青酸カリ入ってるけど安全な量です。こんなお茶飲む客がいるもんか・・・アホにもほどがある。




▲TOP
新入社員の74%「終身雇用を望む」 産能大調べ
http://www.nikkei.com/news/local/article/

g=96958A9C889DE1E2E4E2E3E3E0E2E3E5

E2E4E0E2E3E39EEAE1E2E2E2;n=9694E3E4

E3E0E0E2E2EBE0E0E4E7


産業能率大学(東京・世田谷)がまとめた今年度の新入社員の意識調査によると、「終身雇用制度を望む」との回答は74.5%に達した。「管理職として指揮をとる」ことを希望する人は48.1%。厳しい雇用情勢から就職活動が「かなり大変だった」は35.4%で、ともに過去最高。終身雇用を望む人は1994年度に67.3%だったが、その後、減少傾向が続き、2002年度は50.5%となった。それ以降は上昇傾向をたどってきたという。同大は「狭き門を突破して入った企業で成功したい新入社員が増えた」と分析。「専門職志向で終身雇用を望まない傾向が強かった2000年ごろの就職氷河期世代と異なり、企業がじっくり人材育成をしやすくなる」とみる。

そういう会社にしがみつく人は会社から最も嫌われます。そんな粗大ごみみたいな老人すら支えられないのに、若いうちから終身雇用で一生奴隷にしてくれって奴を欲しがるところなんてあるもんですか。銀のアンカーって就職漫画に 「究極の安定って何だ?」 って場面があります。その答えがわからないようでは終身雇用どころかリストラ対象です。わかってると思いますが、公務員とか大企業とか答えるのは典型的なリストラ対象です。


▲TOP
クジラからも放射性セシウム
http://news.livedoor.com/article/detail/5635650/

日本の地域捕鯨推進協会などによる合同調査団が14日、北海道の釧路近海で捕獲したクジラ2頭から放射性セシウムを検出したと発表し、「福島第1原発の放射能漏れ事故に起因するものとみて、「今後も注視する必要がある」と表明した。 調査団によると、捕獲したクジラ17頭のうち6頭を検査した結果、2頭の体内から1キログラム当たり各31ベクレル、24.3ベクレルの放射性セシウムを検出した。ただ、検出量は日本の食品衛生法の暫定基準値である1キロ500ベクレルは下回っている。

いよいよ魚(鯨は魚じゃないけど)に来ましたね・・・。しかも大型のクジラからとは。海の汚染は予想以上なのかもしれません。こんな状況です。そろそろ関東の漁場が終わりということも大げさじゃないと感じてきた人もいるのではないでしょうか?今年の夏にかけて中型の魚、秋になって大型の魚というのが武田教授の予想でしたが、汚染は予想以上に進んでいる可能性が高くなってきました。


▲TOP
放射線被ばくのせいじゃないよ?だから保証しないよ
国は責任逃ればかりを考えています。つまりいくら被ばくだ被ばくだと叫んでも、誰か白血病か癌になって死人が出ないと何もしません

実は被ばくでいくら白血病になろうとも、癌になろうとも、一切国からの援助がでない可能性があります。理由は国が放射線被ばくと病気の因果関係を認めないということです。放射線が原因だと証明できなければ保証しない・・・ふっざけた理由ですが、事実何度も他の事例で国の過失を認めないことがありました。


▲TOP
生活保護200万人突破

今年3月末現在の全国の生活保護受給者は202万2333人で、戦後混乱期の1952年度以来、59年ぶりに200万人を突破したことが14日、厚生労働省の発表で分かった。

 統計を取り始めた51年度(204万6646人)、52年度(204万2550人=いずれも月平均)に次ぎ3番目に多い。受給世帯数も145万8583世帯で過去最多を更新。東日本大震災で被災するなどで4月末までに新たに生活保護を受けることが決まった世帯が、全国で549に上ったことも分かった。

 全国の受給者は、前年同期比で約15万6000人増えており、同省では、急速な高齢化や、雇用の改善が進まないことが主な要因とみている。

 厚労省はまた、被災世帯かどうかを申請者の申告で確認し、被災地以外の避難先で受給することになった世帯も集計。549世帯は、県別では、県外避難も含めて、宮城県の一部を除き福島335、宮城116、茨城58、岩手31、青森3、その他が6世帯だった。

真面目にバイトするより生活保護、40年間(50年?)真面目に国民年金納めてきても生活保護のほうがいい。これってなんでしょうね?マジで働いたら負けなんですか?




▲TOP
そろそろ 「最近の老人は・・・」 の言葉が出てくる時期だ
http://news.livedoor.com/article/detail/5632104/


んで、子供の鏡になるべき大人の行動なんですが、65歳以上の高齢者による万引きがここ10年ぐらいずっと増えています。1998年には、10代の万引き犯が50961人、65歳以上の高齢者が8651人だったんですが、2010年は10代の万引き犯が28364人、高齢者の万引き犯は27362人に増えています。そろそろ、万引き犯は、未成年よりも高齢者のほうが多くなるのかもしれませんね。

景気が良い国は治安もよくなる、逆の場合は治安が悪くなる。日本は世界の中でも治安のよい国ですが、年々治安が悪くなっているのはご存知のとおりです。そしてその犯罪をする年代も、子供より高齢者のほうがそろそろ逆転します。高齢者社会で高齢者が多いからとの意見もありますが、結局は子供以下の大人が多くなっているからですね。そろそろ 「最近の老人は・・・」 という言葉が出てくる時期です。




▲TOP
福島ストロンチウム土壌汚染、脳表は未来永劫終わり
http://news.livedoor.com/article/detail/5628678/

経済産業省原子力安全・保安院は12日、東京電力福島第1原発の敷地内で5月18日に採取した地下水から、放射性ストロンチウムを検出したと発表した。地下水からの検出は初めてで、事故で放出されたとみられる。保安院によると、1号機の地下水でストロンチウム89が1立方センチ当たり0.078ベクレル、同90が0.022ベクレル。2号機で同89が19ベクレル、同90が6.3ベクレル。1号機については空中や土壌から流れ込んだ可能性が高いが、比較的濃度の高い2号機のストロンチウムの由来は分からないという。取水口付近の海水からも、最大で国の定めた濃度限度の240倍に上るストロンチウムが検出されており、保安院は海に漏れ出た高濃度汚染水の影響とみている。西山英彦審議官は「魚介類で大きな値にはならないと思うが、注意深く監視する必要がある」としている。

つい最近政府&東電はメルトスルーを認めました。しかし1~3号機の中のおそらく1つ以上は最深部のコンクリートまで侵している可能性が高いです、つまりどういうことかというと、燃料が施設を溶かして地下まで流れこんでいるってことです。まぁ結局、土壌は汚染され続けてるってことです。


▲TOP
安全とお金でお金を取りました by静岡県
http://news.livedoor.com/article/detail/5624964/

静岡市葵区などの茶畑で、今年摘み取られた一番茶の製茶から国の基準(1kg当たり500ベクレル)を超える679ベクレルの放射性セシウムが検出された。

   福島第1原発事故で放出された放射性物質が静岡県のほぼ中央部まで届いていたわけだが、情報提供を抑えようとする県に疑問の声が上がっている。

川勝知事「バリバリ食べるわけではない」

   葵区にある茶工場の製茶を購入した東京の食品販売業者が自主検査したところ、基準を超えるセシウムが検出され、連絡を受けた静岡県が再検査をしたら確認されたという。静岡県は県内19産地の一番茶の製茶検査を行い、いずれも「基準値を下回っている」と発表したが、基準値以上のセシウムが1工場だけというのは不可解だ。


   葵区は安倍川の支流、藁科川上流にある茶どころで、西には県内最大の茶どころ、牧の原台地の茶畑が広がっている。川勝平太静岡県知事は「基準値と言たって600ちょっとでしょ。飲用茶として飲めば水で薄まるため問題ない。バリバリ食べるわけではないし基本的には安全だ」と沈静化に懸命である。自主検査した販売業者が自社のホームページで公表しようとしたところ、静岡県が控えるよう要求したという報道もある。

消費者に情報提供してこそ信頼

   「朝ズバッ!」はそうした対応には触れず、司会のみのもんたは「お国がどういう処理をするのかそれを聞きたいね」と話をズラす。これに毎日新聞論説委員の与良正男がこう応じた。

「これも損害賠償の対象になるのでしょうけど、その枠組みを決める新しい法律『原発賠償法案』が14日(2011年6月)の閣議で決定することになっている。さて通るのかどうですか」

   茶どころ静岡県の気持ちもわかるが、正確な情報を消費者に伝えないのはかえって逆効果ではないか。後日の賠償問題にも絡んでくる。




▲TOP
自殺者、13年連続で3万人超
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000202-yom-soci

政府は10日午前、2011年版「自殺対策白書」を閣議決定した。昨年1年間の全国の自殺者が3万1690人(男性2万2283人、女性9407人)と、13年連続で3万人を超えたことから、菅首相が掲げる「自殺者3万人未満」の目標に向け、地域の実情や各世代が抱える問題などに即した効果的な対策が必要だと指摘している。白書は、警察庁の統計などを基に「非正規雇用の増大などを背景に、社会で活躍する若年~中堅層の自殺死亡率が上昇傾向にある」と分析。〈1〉職場での心の健康対策の推進〈2〉地域・学校における心の健康作り推進体制の整備〈3〉多重債務、失業者などに対する相談窓口の整備・充実――などに取り組む方針を打ち出した。


民主って自殺者対策なんかやったの?原発でていいっぱい?あーそうですか。今年は震災で2万人近く亡くなったけど、それでも自殺者のほうが多いってことだ。


▲TOP
福島第2原発:放射性汚染水の海への放出検討 批判の声も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000048-mai-soci

」出が検討されているのは、東日本大震災に伴う津波で、建屋地下に入った海水約3000立方メートル。低レベルの放射性セシウムなどが含まれている。燃料の損傷が原因ではなく、通常時に生じるものだが、排水しないと塩分による機器類の腐食が懸念される。東電は放射性物質の放出限度以下まで処理する方針で、松本純一原子力・立地本部長代理は「放出時期は未定だが緊急に放出が必要と考えていない。関係機関と十分相談したい」と述べた。3日に東電から連絡を受けた茨城沿海地区漁連は「やむを得ないが、心情的に納得できない」と話した。福島第2原発は計4基の原子炉があるが、いずれも冷温停止している。東電は福島第1原発5、6号機などからも4月、計1500億ベクレルの汚染水を海に放出し、地元漁協や周辺国の非難を浴びた

関東の漁業が終わりと言うと 「皆が頑張っているのに何を言うか?」 と論理をすっ飛ばして感情だけを走らせる人が多いです。まぁ同情はしますが、もうどうしようもないのはわかっているでしょう?今度は第2です。濃度が濃いとか薄いとかじゃないんですね。もう致命的なところへさらに鞭を撃つようなものがきてるんです。これで海が大丈夫とかどんな理屈でしょうか?関東東はもう終わりです。



▲TOP
10代の失業率9.8%。あ・・・これは20%超えてるな
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110607-00000347-yom-soci

政府は7日の閣議で、2011年版「子ども・若者白書」を決定した。若者の失業率は10代で10%に迫る高水準で推移し、不景気の影響で若者の厳しい雇用環境が続いている。10年の失業率は、15~19歳で9・8%(前年比0・2ポイント増)、20~24歳で9・1%(同0・1ポイント増)、25~29歳は前年と同様の7・1%だった。いずれも、全年齢計の5・1%を上回った。10代の失業率は02年に12・8%を記録した後、低下傾向が続いていたが、2年連続で上昇した。15~34歳のフリーターの人数も前年比5万人増の183万人に上り、2年連続で増加した。0~29歳の子ども・若者人口は3723万2000人で、総人口に占める割合は前年比0・3ポイント減の29・1%だった。


ちなみに日本の失業率の計算は、まぁぶっちゃけ 「ハローワークで確認できた人だけしか集計しない」 という方式です。このためハローワークに行ってない人や解雇された人、浪人生、主婦、その他大勢は集計されておらず、欧米方式の失業率の計算と比較すると倍近い差になります。つまり欧米式の失業率でいったら、10代の人の失業率は、まぁ20%超えていてもおかしくありません。


▲TOP
放射能放出、2倍に修正。ずさんにも程がある
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011060600456
東京電力福島第1原発事故で、経済産業省原子力安全・保安院は6日、1号機の原子炉が大地震から約5時間後の3月11日午後8時ごろ、メルトダウン(炉心溶融)に至ったとする解析結果を公表した。東電はメルトダウンが、地震から約16時間後の翌12日午前7時前に起きたとしていた。保安院は「条件設定が違う」と説明、今回の解析がより実態に近いとしている。
 また保安院は、同原発から放出された放射性物質の量を、事故から約6日間で77万テラベクレル(テラは1兆)と推計。4月に今回の事故を国際原子力事故評価尺度(INES)で史上最悪のレベル7と暫定評価した際は、同原発周辺で計測された放射線量などから37万テラベクレルと推計しており、2倍以上に膨らんだことになる。
 細野豪志首相補佐官は、政府・東電統合対策室の記者会見で、原子炉の現状評価は変わらないとして「(事故収束の)工程表に影響するとはみていない」と述べた。政府は事故報告書に保安院の解析結果を盛り込み、ウィーンで20日から開かれる国際原子力機関(IAEA)閣僚級会合で提出する方針。
 保安院は、東電から報告を受けた地震前後の運転データなどを基に解析。1号機では溶け落ちた燃料が原子炉圧力容器を破損した時間帯を、地震から約5時間後と推定した。
 2、3号機では圧力容器内の水位が維持できなかったと想定した場合、2号機は地震から約80時間後の14日午後11時ごろ、3号機は約79時間後の同日午後10時ごろ、圧力容器が破損した可能性が高いとの結果を得た。
 東電はメルトダウンの時間について先月、2号機は約101時間後の15日午後8時ごろ、3号機は約60時間後の14日午前3時ごろとの推定結果を発表していた。


まぁ、ほとぼりが冷めたと判断したみたいで、当時の都合の悪いことをどんどん発表しましたね。アホな人はもう原発のことなんて忘れてるみたいですがそのほうが幸せかもしれません。福島の子供・・・特に乳児に異常が出るのは時間の問題です。地獄が待っています。胎児は比較的抵抗力が高いみたいですが、どうなることやら。2倍になりましたし、半年後には「やっぱ10倍でした。チェルノ超えてました」とか言い出すんじゃないでしょうか?


▲TOP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110605-00000013-mai-soci

東日本大震災による福島第1原発の事故で、福島県内の子供たちが受ける放射線量を巡り、国と学校現場が混乱している。文部科学省は5月27日に「今年度、年間1ミリシーベルト以下を目指す」とする新たな目標を決めた。年間20ミリシーベルトを上限とする基準への不信感解消が狙いで、専門家からのヒアリングも進めている。だが、突然の目標設定に学校は困惑し、保護者の不安は根強いまま。教育委員会も「『1ミリシーベルト』の数字が独り歩きしないようにしてほしい」と訴えている。【木村健二、渡辺諒、長田舞子】
◇校長「どの数字信じれば…」
「子供たちの生活は学校だけではない。1ミリシーベルトを目標としたからには、具体的に何をしてくれるのかを明確にしてほしい」。3日、年間20ミリシーベルトの上限値撤回を求める保護者らが東京・霞が関の文科省で担当職員と向き合った。1歳の長男を連れて参加した福島県須賀川市の主婦(31)は、1ミリシーベルトの目標設定を歓迎しながらも、学校外での低減策も訴えた。
同省は4月19日、学校の夏休みが終わるまでの放射線量の目安を年間1~20ミリシーベルトとし、毎時3.8マイクロシーベルトを超えた場合に屋外活動を1時間に制限する基準を出した。
だが、保護者らの不安は収まらない。民主党文部科学部門会議は5月26日に「『年間1ミリシーベルト』を目指すとの文科省方針の文書化を求める」と緊急提言した。座長の松崎哲久衆院議員は「『1ミリシーベルトを目指す』と文章化することが安心を高める」と説明する。これを受けた高木義明文科相は翌日、目標を発表した。
驚いたのは福島県の学校だ。福島第1原発の北西約60キロの二本松市。市教委は既に独自に上限を「10ミリシーベルト」に引き下げ、屋外活動の目安を幼稚園1時間▽小学校2時間▽中学校3時間と設定。同月26日付で各校に通知していた。
その翌日、文科相の発表があった。市立杉田小の小浜伸校長は「一体どの数字を信じればいいのか」と困惑する。同校では市教委の通知に従い2時間程度の屋外活動を予定していたが「校庭での体育や自然観察などは、ほとんどできないことになるだろう」。佐藤宏幸PTA会長も「安全性に対する国の姿勢がコロコロ変わるようでは怖い」と話す。
文科省の目標値には「今年度」と「学校」という条件がついている。放射線量がピークだった3月11日から4月14日の始業式までは除外されている。子供の生活に即した推計では、ピーク時の期間だけで2.56ミリシーベルトになるとの同省の試算さえある。
福島市内でも空間放射線量値が高い渡利地区の学校に3人の子を通わせる酒井隆子さん(38)は「長女が高校受験を控え、簡単には避難できない。1ミリシーベルトが目標になれば、学校や自治体に対策を求めやすくなるだろうが、既に浴びてしまった放射線量をどう考えればいいのか。国に説明してほしい」と不安を口にする。
福島市教委は「数字が独り歩きして『1ミリシーベルトを超えると危険』と思われると、かえって子供たちの教育環境に影響が出るおそれがある。国は『1ミリシーベルトはあくまで目標で、超えるとすぐに危険というわけではない』と、保護者に丁寧に説明してほしい」と訴える。
文科省は「1ミリシーベルト」の目標達成に向けて動き始めたが、原発の安定化が必須の条件。混乱の収束は見えない。


根拠なき宣言は民主/官僚の得意技です。年間1ミリは大人だけでなく子供や乳児までを含めた人すべてが浴びても大丈夫な最大限の線量です。ま、結局責任逃れや追及逃れのために形だけつくったものですから文科省も何もしません。1ミリなんて福島は全部アウトですから、今さらなにができる?この期に及んで「国に説明を」とか状況認識が甘すぎ。政府なんてアテにならない、自分の身は自分で守る教訓がまるでいからされていない。結局、そうやって国が・・・国が・・・って他力本願になるからなにも自分で判断できなくなる。子供は福島を捨てて避難。それ以外にない。子供の将来を犠牲にしてまで故郷にとどまる必要がどこにある?


▲TOP
福島の原発事故が世界初のレベル8へ?
http://enenews.com/nuclear-engineers-urging-iaea-to-create-level-8-on-ines-scale-for-fukushima

わざわざ世界の原子力のおえらいさん方々が、福島のためにレベル8を作成してくださるそうです。いや~・・・・なんかもうコメントできないわ。一応チェルノブイリ事故のほうが放射性物質の量はまだまだ多いんだけど、福島は垂れ流しの状況がまだ続いていること&メルトダウン×3&格納容器に穴・・・まだ塞げない&いまだ最臨界による水蒸気爆発の可能性が消えてない&4号機の建家崩落の危険性があることなど、あれ?考えて見れば福島のほうが明らかにひでえや・・・

特に4号機建家崩落だけは勘弁してほしい。崩落したら放射性物質がそこら中に飛び散って1~3号機の作業すらできなくなる。そういたら1~4号機すべての放射性物質が反応して爆発する可能性が・・・




▲TOP
殺人企業、東京電力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000778-yom-soci
東電福島第一原発で、同社の男性社員2人が、250ミリシーベルトを超える被曝(ひばく)をした可能性がある問題で、同社は3日午後、2人の被曝(ひばく)線量を発表した。内部被曝線量は30歳代が最大で580ミリシーベルト、40歳代が570ミリシーベルトだった。厚生労働省は5月30日付で、東電と協力会社の関電工に線量管理に問題があったとして、労働安全衛生法違反で是正勧告をしている。


580ミリシーベルト被ばく。ただちに影響ありません。


▲TOP
東京電力が原発の24時間ライブカメラ映像の配信を開始
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/camera/index-j.html

果たしてリアルタイムかわからんが、これが消えたら逃げる準備はしたほうがいいです。




▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。