勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

鹿嶋市、茨城産野菜の使用を止める!よくやった!
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=41400

茨城県鹿嶋市教育委員会が、福島第一原子力発電所事故による放射線の影響を不安視する声を受けて、学校給食に県産食材の使用を見送っていることが28日、分かった。県内の農畜産関係者らは「風評被害を助長する」として、市教委の対応を疑問視している市教委の担当課によると、県産食材の使用を取りやめているのは、市内17小中学校のうち市学校給食センターで調理している16校の給食。肉、野菜、魚など給食に使う食材の大半を関西や四国地方などから仕入れているという。学校給食が再開された4月中旬以降、保護者から給食の安全性について不安の声が相次ぎ、市教委は県産食材の使用を見合わせる措置を取った市教委はホームページでも、学校給食の食材について「摂取制限や出荷制限が出されている食材は使用していない」「当面は、西日本産を中心に食材を発注」「牛乳は福島産や茨城産原乳は使用していない」などとうたっている。4月に県産食材の不使用を決めた後も「県内で生産された食材は出さないで」「食材の放射線量を測ってほしい」などの要望が保護者から寄せられたといい、市教委は「今後も給食に県産食材を使わない」(鹿嶋っ子育成課)としている。茨城県によると、ホウレンソウ、パセリ、原乳などが一時出荷制限となったが、その後の検査で放射性物質は暫定規制値を下回り、原乳は4月10日に、カキナ、パセリは同17日にそれぞれ出荷制限を解除された。ホウレンソウも一部を除いて制限は解除されている。福島県産の原乳については一部が出荷制限されているが、「流通されているものは問題ない。福島県内の学校でも給食に使われている」(福島県)という。鹿嶋市教委の対応について、茨城県内の原乳メーカーは「風評被害を払拭するためにみんなで頑張っているときに、県産品に問題があるように公表するのはおかしい」と憤る。県からも「県産の農産物に不安を抱き、風評被害につながる恐れもある」(食の安全対策室)との声が聞かれる。

教育委員会なんてどこも屑だと思っていたけど、わかってるところはいるんだな。ところでJAさんは子供たちのことは考えないのかな?風評被害だ!とか野菜が売れない!とか、子供の将来がどうなっても農家の利益が守れればそれでいいんだ?


スポンサーサイト
▲TOP
はい!おしまい。茨城県の漁業終了のお知らせ
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/pdf/110524_kekka_jp3.pdf


▲TOP
室井佑月、武田邦彦、孫正義 福島県産を給食に使うべきでない
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_
school_lunch__20110528_5/story/20110528jcast2011296809/


正しいことを言う人間が迫害されたり村八分にされたり、「風評被害」だ」と全くトンチンカンな指摘をされてる、全く戦時中かよ。福島の野菜は安全だと、頭の悪い奴ほど 「誰がが~~行ってるから安全」 とほざく。では日本の食品安全基準は世界と比較して10倍、100倍になっていることに対する科学的根拠は?と聞いて誰一人答えられた奴を見ない。当然だ。根拠なきただちに影響ないと同じレベルだから



▲TOP
ウメから放射性セシウム。もう驚かない
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110528-00000111-jij-pol

福島県は28日、同県伊達市で26日に採取したウメから食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を上回る580ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。
 県は市に出荷の自粛を要請するとともに、30日に対象を広げて再度検査を行う予定。果樹から規制値を上回る放射性物質が検出されたのは初めて。
 ウメはまだ出荷期を迎える前で、市場には流通していない。

だから福島はもうダメだって。後農家の人、いらだつ気持ちに同情はするが 「風評被害だ」 と消費者を攻めるな。消費者は何も悪くない。何もしてないだろ。悪いのは東電と政府だろ、矛先を間違えるな



▲TOP
福島の野菜は危険。なのに正しいことを言うと風評と吠える
http://www.youtube.com/watch?v=AZBEzXpLPaw#t=38s

本当にもうおかしな状況。福島の野菜はもう完全にセシウムが付着しているっことは歴然たる事実です。だから風評ではなく事実です。なのにこういった事実を言うと風評被害とかで消費者に文句言う!違うだろ!野菜を汚染させたのは東電と政府で消費者も被害者だ!矛先を間違えてるバカが多すぎ。すべての農家がそうではないと思うが、農家の利益を優先してこどもの安全を考えないゲス野郎が多い




▲TOP
学校 1ミリシーベルト以下目指す・・・遅すぎ。しかも目標レベル
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110527/k10013148711000.html

高木文部科学大臣は記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、福島県内の学校で子どもたちが受ける放射線量を、今年度は、当面、年間1ミリシーベルト以下を目指すとし、一定の放射線量を超えた学校は、校庭の表面の土を取り除く費用のほぼ全額を国が負担することを発表しました。高木文部科学大臣は、27日、福島県内の学校などで放射線量を低減させるための当面の対応を発表しました。それによりますと、学校での屋外の活動を制限する放射線量の目安は、これまでどおり年間の累積で20ミリシーベルト以下としながらも、今年度は、当面、年間1ミリシーベルト以下を目指すとしています。そして、土を取り除くことで放射線量を下げる効果が見込まれるとして、放射線量が1時間当たり1マイクロシーベルトを超えた学校を対象に、土を取り除く費用のほぼ全額を国が負担することを発表しました。高木文部科学大臣は、来週以降、福島県側と調整し、改めて福島県内の学校で放射線量の測定を行い、費用負担の対象とする学校を決めたいとしています。

高木って大臣の顔。まさしく自分の保身しか考えてないkって顔ですね。まぁ主観は置いといても、今頃になってようやく1㍉。しかも目標レベル。この状況に及んで・・・。もう国がやることは、強制的に1㍉設定して、それを超える学校は利用禁止の強攻策にすべき。チェルノブイリのソ連がそうだった。今の政府はソ連未満の屑政府。



▲TOP
茨城県産の海産物にセシウム。もう終わり
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001dal3-att/2r9852000001dasj.pdf

セシウムは半減期が30年ですから30年たってこの数値がようやく半分になるって言う汚染レベルなのです。100年単位の年数を重ねない限りセシウムは消えません。無責任東電&政府は拡散するから大丈夫だとかほざきますが、そもそも比重が違うセシウムは流れるよりも沈殿するほうが多いのです。高濃度のセシウムが沈殿している茨城県海域はもうアウトです。

また政府が言っている基準値を下回っているから大丈夫だとか言う人はどうぞご勝手に。政府の発表を信じた飯舘村は高濃度の被ばくをしました。福島市も被爆してます。20㍉シーベルトという殺人的数値が適用されています。去年までは累積10㍉でも危ないと行っておきながら今は年間20㍉シーベルトとか七転八起している発表を信じるならご自由に。


▲TOP
もう飯舘村や福島市の子供は手遅れ
古川俊治参議院議員のプレゼン内容である。

文部省が委託した財団法人放射線影響協会「原子力発電施設等放射線業務従業者等に係る疫学的調査」(平成22年3月)によると

一、食道がん(p=0.032)、肺がん(p=0.07)、肝臓がん(p=0.025)、非ホジキンリンパ腫(p=0.028)、多発性骨髄腫(p=0.032)で、累積線量とともに有意に増加する傾向が認められる。その増加は累積10-20ミリシーベルトから現れている。

つまり年間20ミリシーベルトどころではなく、累積で10ミリシーベルトからこうしたがんにより、健康に影響が出ているということを、文科省の調査が示している。

二、全悪性新生物の死亡率は、累積線量とともに有意に増加する傾向を示し(p=0.024)、死亡率の増加は、累積10ミリシーベルト以上から認められ(観察死亡数/期待死亡数(O/E比):1.04)、累積20ミリシーベルト以上では、更に高まっている(O/E比:1.08)。

繰り返すが文科省の調査によると、年間10ミリシーベルトではなく、累積して放射線量が10ミリシーベルトを超えたあたりから、がんによる死亡率が増えている。

文科省は、年間20ミリシーベルトを主張してきたが、自らの委託調査は、その数字は安全ではないとしている。

三、白血病を除く全悪性新生物の死亡率も、累積線量とともに有意に増加する傾向を示し(p=0.024)、死亡率の増加は、累積10ミリシーベルト以上から認められ(O/E比:1.04)、累積20ミリシーベルト以上では更に高まっている(O/E比:1.07)。

四、報告書は、異なる対象者について実施した別の調査では、喫煙者(及び喫煙本数1日25本以上の者、年間総喫煙量30パック以上の者)の割合が、累積線量とともに増加していたとしている。

そのため、今回の調査で、食道や肝臓、肺のがんが累積線量とともに有意に増加していたのは、喫煙等の生活習慣が関係している可能性も否定できないと結論づけている。

しかし、1、今回の調査結果を否定し得る根拠となるかどうかについて、何らの統計学的な根拠も示されていない。

2、そもそも喫煙する放射線従業者は、何故被曝量が多いのか疑問がある。(放射線作業現場は喫煙者がより多く被曝するような環境になっているということか?)

3、同様に喫煙によりリスクが上がるはずの心・血管疾患、脳血管疾患、呼吸器系の疾患と肺炎及びインフルエンザでは何れも累積線量とともに有意に増加する傾向は認められておらず、食道や肝臓、肺のがんの増加だけを喫煙の影響とするのは、誠に恣意的である。

4,原子力産業従事者を対象とした15ヵ国国際共同研究結果、及び英国放射線業務従事者研究結果でも、白血病を除く全悪性新生物の死亡率には累積線量と有意な増加傾向が認められている。

15ヵ国国際共同研究論文の著者等は、「白血病を除く全悪性新生物の死亡率と累積線量との有意な増加傾向は、喫煙あるいは他の職業ばく露による交絡の影響の可能性が部分的にはあるかも知れないが、それだけではリスクの増加を説明しきれない」、としている。

5、文部科学省は、学校・校庭等の利用を、年間20ミリシーベルトまで許容範囲としているが、セシウム137(半減期約30年)などの半減期の長い放射線同位元素による汚染も発生しており、累積では20ミリシーベルトを大きく上回る可能性がある。

6、その上、成長期にある子どもたちの放射線感受性は、成人の2-3倍と考えられる。

やはり、年間20ミリシーベルトを子供たちに適用すべきではないのではないか。


▲TOP
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html

こいつ何やってるか知らないけど

こんなガキですら原発の不安と

風評被害とかほざく政府の違和感を指摘している

この期に及んで原発はもう安全だとか
福島や茨城の野菜は食べられるとか
んなこと行っってるのは正真正銘の馬鹿なんだね。
真実をわかっていながら隠す政府や東電はその行動に理由があるんだけど
理由も根拠もなしに安全とか食べられるとか言ってる奴の理由がわからななかったけど
ようやく理解した。わかってないだけなんだ。馬鹿なだけなんだ・・・。もういいや


▲TOP
4号機の煙と共にTBSライブカメラ停止
http://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=Ck_KEILBLlU&gl=JP

福島第一原発4号機から激しく「白煙」「黒煙」が上昇している

そしてそれを移していたTBSライブカメラが停止!

無論おわかりですね。都合が悪いと圧力がかかったからです

政府を信用したい人はどうぞご自由に

政府信じて飯舘村や伊達市はひばくしたけどご自由に



▲TOP
米軍が全面支援リスト 大量飛散を想定
東京電力福島第一原発の事故を受けて、米軍が技術支援や物資の提供、放射性物質の拡散対策などを詳細に列挙して日本政府に提出した「支援リスト」の全容が、朝日新聞が入手した政府の内部資料でわかった。米側は原発事故対応への全面的関与を打診していた。リストには工兵大隊や海上事前集積部隊、病院船など米軍の大規模展開に備えた項目が含まれる。日本政府がメルトダウンを確認するまで2カ月かかるなど事故対応で後手に回る一方、米軍は事故直後から放射性物質が大量に飛散する最悪の事態を想定し、用意できる最大限の支援メニューを示していた。


米軍は当初からとっくに大量汚染を想定してました。最悪、原発を破壊するためにミサイルを準備していたという情報もあります。これ以上海に漏れ出さないうちにミサイルで原発を木っ端微塵にすれば、原発周辺はさらに汚染されますが、微塵になってしまったのでそれ以上反応は起こらないという理屈です。現在は最悪の一歩手前デ止まってますが、もし最悪の事態だったなら福島にミサイルが打ち込まれてたかもしれません。



▲TOP
子供の被曝許容量はチェルノブイリの4倍相当
http://news.livedoor.com/article/detail/5567261/

チェルノブイリ事故(1986年4月26日)のときは、原発から120km離れたウクライナの首都・キエフの子供たちすべてが、5月半ばから9月までの間、旧ソ連の各地の保養所に収容された。日本でも政府は国内の国民宿舎などすべてを借り切って、被曝が疑われる地域に住む妊婦と子供たちの収容に踏み切るべきである。それなのに、日本では政府が逆のことをやっている。福島市と郡山市の学校の土壌が放射能に汚染されていることを受け、政府は子供の被曝量の基準値を、毎時3.8マイクロシーベルト、年間20ミリシーベルトとした。これには国内からだけでなく、世界から猛烈な批判が出ている。「20ミリシーベルト」という数字は、「国際放射線防護委員会(ICRP)」が、「非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベル」とされる<年間1~20ミリシーベルト>のもっとも高い数値であり、大人を対象にしていることはいうまでもない。それが特に子供たちにとっていかに高い被曝量であるかは、私の知る限り、チェルノブイリに汚染された土地のどの地域を居住禁止地区にするかについて、1991年にウクライナ議会が行った決定が参考になる。そこでは1平方キロメートルあたり15キュリー(放射能の旧単位)の汚染地域を立ち入り禁止地区とする、つまり居住禁止地区に規定したのだ。現在の単位に換算して、ここに住むと、年間5ミリシーベルト被曝してしまうという理由である。日本ではその4倍を許容量として、子供たちの学校の使用を許可したのである。また、「毎時3.8マイクロシーベルト」という数字は、いまは死の街となったプリピャチ市の数値とほぼ同じである。私はかつて5万人が住んでいて、いまや荒涼としたプリピャチの廃墟の中に、日本の子供たちが走り回る姿など想像したくもない。


▲TOP
第一原発作業員が体調不良、病院で死亡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110514-00000293-yom-soci

東京電力の福島第一原子力発電所で14日午前6時50分頃、機材の搬送をしていた東電の協力企業の60歳代の男性作業員が意識不明となり、福島県いわき市内の病院に運ばれたが、午前9時33分に死亡した。

 同原発の復旧作業中に作業員が死亡したのは初めて。東電で死因などを確認している。

 東電によると、男性は午前6時頃から、高濃度汚染水が移送されている集中廃棄物処理施設内の4つある建物の一つで、同僚男性と電動ノコギリを2階から1階に搬送している最中に体調不良を訴えた。同原発内の医務室に運ばれ、作業員の活動拠点「Jヴィレッジ」で医師の診察を受けた後、午前8時35分頃、病院に搬送された。男性のいた建物地下2階に汚染水が貯蔵されていたが、男性は防護服を着ており、被曝(ひばく)線量は0・17ミリ・シーベルトで、身体に放射性物質の付着はなかったという。男性は、前日の13日から同原発に入り、午前6時~9時の作業時間で働いていたという。

ついにきてしまいました。東電は必死に放射線被曝とも無関係を訴えますが、そもそも線量管理すらずさんな東電の言う事など誰が聞くでしょうか?無論、過度な労働や極限の緊張感が原因ともいえますが、どちらにしてもこれから犠牲者はどんどん増えるでしょう。ちなみにチェルノブイリ事故で瓦礫除去作業をした底辺労働者は1人残らず死亡しました。生き証人がおらずこの情報は余り知られてません。くれぐれも日雇いなどで原発に行かないように



▲TOP
神奈川県横浜市の学校給食 福島産のキャベツ,もやし,きゅうり,アスパラガス,牛肉
http://infosecurity.jp/archives/10024

神奈川県横浜市の学校給食委員会が給食用物資(2011年5月分)の産地を公表している。公表したのは、学校給食に使用する産地の問い合わせが多いためとしている。
問い合わせは原発事故後に増えたものと思われる。
公表資料によるとキャベツ,もやし,きゅうり,アスパラガス,牛肉に福島産が使用され、キャベツ,きゅうり,アスパラガス,みず菜,メロンに茨城産が使用されている。

完全に真逆のことをしていますね。放射能物質から本来一番遠ざけなければいけない子供たちにわざわざ放射正物質のついたかもしれない野菜をわざわざ食わすのですから。子供の命よりも福島の目先の金。ホントどうしようもない最低なところばっかりです。



▲TOP
一時帰宅に同意書「役人仕事だ」と住民反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110511-00000047-yom-soci

福島県川内村へ10日に一時帰宅した住民に対し、国側が「警戒区域が危険であることを十分認識し、自己の責任において立ち入ります」などとする同意書に署名を求めた。一部の住民から反発の声があがり、遠藤雄幸村長も「同意したうえで一時帰宅するのだから、改めて署名を取る必要はない。役人仕事でやめたほうがいい」と批判した。原子力災害現地対策本部長の池田元久・経済産業副大臣は報道陣に対し、「(警戒区域内では)責任を持って安全に気をつけて行動してもらいたいとの趣旨だった」と説明した

これぞ民主って感じですね。自分たちのせいで事故を起こしておきながら国民は見捨てる、情報は隠蔽する、自分らの保身しか考えない、そして、また責任は取らない。


▲TOP
ダンプ運転手募集→原発で労働…大阪あいりん地区でウソの求人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000044-sph-soci
日雇い労働者が多く集まる大阪・西成区のあいりん地区で、東日本大震災後、宮城県での運転手の求人に応募した男性労働者が、福島第1原発での労働を強いられていたことが8日、分かった。関係者によると、財団法人「西成労働福祉センター」が3月17日ごろ、業者からの依頼をもとに「宮城県女川町、10トンダンプ運転手、日当1万2000円、30日間」との求人情報を掲示。採用された男性は東北に向かったが雇用期間中の3月25日ごろ、男性からセンターに「福島第1原発付近で、防護服を身に付けがれきの撤去作業をしている。求人は宮城だったのにどうなっているんだ」と電話があった。センターが調査した結果、男性が一定期間、防護服を着て同原発の敷地内での作業に従事していたことが判明。労働者らを支援するNPO法人・釜ケ崎支援機構は「立場の弱い日雇い労働者をだまして危険な場所に送り込む行為で、許されない」と反発している。
 
かのチェルノブイリ事故でも、作業の内容すら知らせずに多くの底辺労働者が原発の瓦礫撤去作業に送られました。彼らがどうなったか知っていますか?全員死亡したんです。



▲TOP
5都県23人の母乳「乳児・母体とも影響なし」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110430-00000630-yom-sci

厚生労働省は30日、福島第一原発の事故を受け、初めて実施した母乳に含まれる放射性物質の検査結果を発表した。授乳中の母親23人のうち7人分から微量を検出したが、厚労省は「乳児、母体とも健康には影響がない量で、普段通りの生活で問題ない」としている。4月24、25日に福島、茨城、千葉、埼玉、東京の5都県計23人から提供された母乳を調べた。母乳には暫定規制値がないが、放射性ヨウ素は、飲料水や牛乳の乳児用規制値(1キロ・グラム当たり100ベクレル)を、放射性セシウムは大人まで共通の規制値(同200ベクレル)を安全性の目安とした。結果、7人から放射性ヨウ素が2・2~8・0ベクレル、うち1人から同セシウムも2・4ベクレル検出された。原発事故の影響とみられるが、いずれも安全性の目安を大きく下回った。

そうですね。”ただちに” 影響ありませんもんね。10年後、20年後は知ったことじゃないですよね厚生労働省さん。10年も経てば今の責任者は今の地位から遠ざかっていますもんね。”今、ただちに責任をとるような” 事態にならなければ国民なんてどうでもいいってことですよ。


▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう