勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
福島市・飯舘村は避難しろの科学的根拠がIAEAから!
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110331k0000e040023000c.html?inb=yt

以前私見で述べたように、最低でも福島市・飯舘村の妊婦や乳児のいる家庭は避難するべきだと言いました。その科学的根拠が、国ではなくIAEAから発表されたのです。飯舘村は土壌1平方メートル当たり約200万ベクレルが検出されてIAEAの避難基準の約2倍に相当しています。つまり国際基準では避難すべき数値になっています。それなのに枝野は 「ただちに健康には影響ない。長期になるなら避難を考える」とかのんきなことを言っています。完全に他人ごとです。福島原発は長期的な問題に鳴るのはもう明らかです。放射能が強くてまともに作業できていません。海水には現在進行形で放射性物質が流出しています。東電はなにもできてません。今頃になってフランスに泣きつきました。最低最悪の限りです。今後事態の収束が見込めない以上、福島東部の農業は全滅です。漁業が壊滅するのがどこまで広がるかわかりませんが、茨城・千葉あたりで放射能が魚産物から検出されるのは時間の問題でしょう。しかも隠蔽するので、ある程度出回った後で明らかになります。風評被害とか言っていますが、いずれ風評ではなく事実になってしまうのは素人目にも明らかです。

【今後の対策】
福島原発は爆発危機は逃れて放射能垂れ流し状態を前提とした対策
・福島県の東部には近づかない
・福島産の農産物は全滅とみるべき
・茨城あたりの農産物もやや危険
・茨城・千葉の魚介類はいずれ放射能検出があるとみるべき


スポンサーサイト
▲TOP
千葉県終った!? 大人の基準超す放射性物質
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000084-jij-soci

千葉県八千代市の睦浄水場の入り口手前で22日に採取した飲用水から、大人の飲用基準(1キログラム当たり300ベクレル)を超える放射性ヨウ素131が検出されていたことが30日、分かった。
 市と県によると、この水から370ベクレルの放射性ヨウ素が検出された。また、同浄水場に給水している北千葉浄水場で22日採取されたサンプルを調べたところ、336ベクレルが確認された。
 北千葉浄水場は、八千代市や松戸市など7市に水を供給している。28日に採取した水から放射性ヨウ素は検出されておらず、県は現在、飲用を控える呼び掛けはしていない

隠蔽、15日に関東に放射性物質が飛来してから検出はやっている。なぜ今まで公表しなかったかと言えば隠蔽。風評被害だと言ってるが、それが風評で終わればまだいい。火のないところに煙は立たず。今後海水の汚染が深刻になる。福島では漁業が全滅・壊滅とか絶望とかじゃなくて本当に全滅になる可能性が日に日に高まってる。


▲TOP
東電がスポンサーだったマスコミは原発反対デモを報道しない
http://news.livedoor.com/article/detail/5444678/

東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、原発に反対する市民ら約1000人が27日、東京・銀座をデモ行進し、「すべての原発を止めて」「エネルギー政策の転換を」と訴えた。原水爆禁止日本国民会議など反原発の市民団体らでつくる「再処理とめたい!首都圏市民の集い」が主催。参加者は横断幕を掲げ、銀座から東京電力本社前を通って日比谷公園まで約3キロを歩いた。デモに加わった東京都大田区の杉原浩司さん(45)は「原発の危険性が改めてはっきりした。国には情報公開を徹底し、まずは東海地震による危険性の高い中部電力浜岡原発を早急に止めてほしい」と話した。

原発反対デモをマスコミは報道しません。東電がスポンサーだから?金もらってるから配慮したから?


▲TOP
とりあえず妊婦・乳児は福島脱出は最低条件
日々報道される原発関連ニュースですが、TVの解説員の話をあなたはまともに信じていますか?信じている人、へたしたら死にますよ!?脅しじゃありません。本当にひどい、今のTVは!政府や東電の情報隠蔽もひどいけど、なによりひどいのはTVの 「安全」 、 「安全」 と連呼すること。ちょっと調べれば安全じゃないのなんかすぐわかります。それなのに東電から金もらってるマスコミや今後の研究資金を減らされるのが怖い科学者は全く本当のことを言いません。


原発関連で、今どの地区がどれぐらいの被害で、どの地区は逃げたほうがいいのか、安全なのか武田邦彦 (中部大学) さんのブログで素人にもわかりやすい説明されています。関西の人はともかく、福島・関東のひとは絶対に一読しておくことです!命にかかわりますよ!大事なのは、今後の累積の被爆量です。TVはレントゲンと比較して安全だ安全だいってますが、そりゃあ致死レベルじゃない放射線なら1時間浴びても安全ですよ。問題はそこに住んでいる人が生活する上でどれくらいの被爆を累積でするかってことです。今は安全でも1ヶ月後では安全じゃないところがたくさんあるんです!ただちに健康に影響が出なくても後から影響が出てくるところはたくさんあります!

手っ取り早くまとめを言っときます。
福島北はかなり危険なレベルです。
原発20~30kmは当然即避難です。政府なんて信用したら死にます。
飯舘村や福島市にいる妊婦さん・乳児は絶対避難すべきです。
大人はギリギリ。何かあったらすぐ避難できる準備を。

福島南・北関東はやや危険レベル。
すぐに避難は必要なくとも準備はしとくべき
東京は大人・乳児ともに”まだ大丈夫”
まだ・・・ってことは今後アウトになることも十分ありうる

武田さんの予測が当たっていれば、
今後福島の汚染濃度はあまり減らないことになります。
つまり福島さんの農産・海産物は絶対口にできない&
原発周辺は居住禁止区域になります。



▲TOP
チェルノブイリ原発事故の強制移住レベルの2倍以上
◆◇◆◇◆◇◆





転送・転載歓迎だそうです。
  
グリーン・アクションと美浜の会より

福島県飯舘村のセシウム137による

土壌汚染レベルの推定  今中哲二氏




チェルノブイリ原発事故の

当初の強制移住レベルの2倍以上




1990年にベラルーシ再興会議が

決定した強制移住レベルの約6倍


福島第一原発の事故によって、野菜、原乳、水、土壌が高濃度に、広範囲に汚染されていることが次々と明らかになっている。


23日に文部科学省が発表した、福島県飯舘村のセシウム137による土壌汚染のレベルについて、今中哲二氏(京都大学原子炉実験所 原子力安全研究グループ)は、チェルノブイリ事故の強制移住(戻ってこれない)レベルと比べても、極めて高い汚染状況にあり、住民避難が拡大されなければならないと述べた(3月24日)。

・飯舘村(いいたてむら) 福島第一原発から北西 約40㎞
・土壌 セシウム137汚染 163,000Bq/㎏(文部科学省 3月23日発表)

[今中氏の推定方法]



・文科省が発表した数値は、16万3000Bq/㎏。土壌1㎏当たりの汚染値になっている。


・サンプリング方法は不明。


・チェルノブイリの汚染と比べるためm2(平方メートル)に換算する簡易な方法として、
(チェルノブイリ事故では、土地の表面の汚染レベルを測定。今回の文科省の発表は㎏当たりのため)



・表面2㎝の土を1m2にまいたとして、体積は20㍑。比重を1とすると、
土壌20㎏に相当。


・1m2の土地のセシウム137による汚染 16.3万Bq×20=326万Bq/m2



・チェルノブイリ事故当時(旧ソ連)の強制移住(戻ってこれないという意味)レベル 
40キュリー/km2=148万Bq/m2 (1キュリー/km2=3万7千Bq /m2)

・飯舘村の土壌汚染は、チェルノブイリ事故当時の強制移住の2倍以上の汚染


・その後のベラルーシ等の強制移住基準15キュリー/km2(55万5千Bq/m2)の約6倍にもなる。

今中氏は、飯舘村では高濃度のヨウ素131も確認されており、早急に住民を避難させるべきだと語った。


政府は汚染に関する詳細なデータを公開すべきです。

チェルノブイリ事故による移住区域
・旧ソ連政府の当初の移住区域 40キュリー/km2(148万Bq/m2)
・その後、社会的批判や関心の高まりにより、1990年ベラルーシ最高会議は15キュリー/km2(55万5千Bq/m2)以上の住民15万人を移住させる決議。

1991年5月には旧ソ連最高会議も同様の基準を決定。





▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。