勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<駐露大使更迭>私はロシアに詳しくない…首相、怒り爆発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000005-mai-pol

メドベージェフ大統領が9月下旬に北方領土を「近く訪問する」と明言、10月下旬に訪問の観測記事が頻繁に流されて以降も、外務省は首相官邸に「訪問はない」と報告し続けた。菅直人首相は、周辺に「本当に行かないのか」と繰り返し確認したが、返ってきたのは「大使館からの情報では『訪問はない』ということです」との答えばかりだった。だが、大統領は11月1日、北方領土・国後島への訪問に踏み切った。一時帰国を命じられ、同月3日午前に帰国した河野大使は、同日夕、外務省の佐々江賢一郎事務次官、小寺次郎欧州局長らとともに首相公邸に呼び出された。菅首相や仙谷由人官房長官が事情聴取を始めた。 「なぜだ。なぜ訪問しないと判断したのだ」。官邸側から問いただされ、河野大使は「ロシア外務省からそういう報告を受けていましたから」と答えた。これに菅首相はカチンときた。「そんなことは聞いていない。誰が言ったかじゃなく、どうしてそう思口ごもる河野大使を見て、仙谷長官が助け舟を出した。「大統領はプーチン首相との関係など、いろいろあるのじゃないのか。そのあたりの判断は」。だが、河野大使の口は重くなる一方だった。「要するにどういうことだ」。いら立つ首相ら。最後に、河野大使はこう口走ってしまった。「私はあまりロシアに詳しくないので……」。次の瞬間、首相らの怒りが爆発した。後任と目される原田親仁(ちかひと)駐チェコ大使(59)は河野氏と違いロシアンスクール(ロシア専門家グループ)。だが、北方領土交渉の見通しが厳しい状況は変わらない。前原誠司外相は早ければ2月にもロシアを訪問、ラブロフ外相と会談し、対ロシア外交の立て直しの糸口を探る。外務省幹部は「まず北方領土訪問以前の状態に戻すところから始めるしかない」と言葉少なだ。

ロシアに詳しくない人が大使をやれる。人選ミスも甚だしい・・・というか、もう開いた口がふさがらない。




スポンサーサイト
▲TOP
金持ちに増税したんだから、次は貧乏人に増税だよ!
http://news.livedoor.com/article/detail/5227475/

日本の発展をまさに阻害しかねない高額所得者への増税になった税制改正。法人税減税はただのパフォーマンスで所得税が上がることには海外からの投資を呼びこむことはできない。だけど、それは予想済み。本当は貧乏人に最も負担がかかる消費税増税の呼び水とするためである。貧乏人はとにかく金持ちを妬む・。Yahoo!アンケートでは高額所得者への増税が ”よかった” と回答する人が6~7割いることからも、貧乏人は金持ちへの増税を、金持ちの苦悩を喜んでしまう。他人の不幸は蜜の味って奴だ。しかもその不幸は、自分より地位や環境のよいものが不幸になるほど、蜜は甘く甘くなる。つまり貧乏人にとっては金持ちへの増税は最高の蜜だ。

だが、そこからが問題だ。増税というのは一度認めれば、雪崩式に次々と行われてしまう。しかも金持ちへの増税をやってしまえば、自分たちの欲求が満たされた貧乏人は反対しにくくなる。政府にしてみれば 「おら!貧乏人の願い通り金持ちに増税してやったんだぜ!もうこれでやれることはやっただろ?次は貧乏人のも増税だ」、と堂々と言えて貧乏人はなかなか反論できない。ほら、今日のニュースでも消費税を増税しなければいけないというものがまた挙がってきた。目的は社会保障の充填のためとか書いてあるが、財源の確保のためなのは想像するに硬くない。


▲TOP
アニメフェア「実行不可能な事態」事務局の日本動画協会も“反旗”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101221-00000018-mantan-ent

マンガの販売規制を強化する東京都青少年健全育成条例改正問題で、都などが主催する「東京国際アニメフェア」の事務局を務める日本動画協会は21日、報道機関に対し、条例改正を「極めて遺憾」とする声明を発表し、今回のフェア開催が「実質的には実行不可能な事態になる」との見解を示した。

【写真特集】過去最高の来場者数を記録した3月のアニメフェアの様子

 同条例については、集英社と小学館、講談社などマンガ出版社10社でつくる「コミック10社会」が抗議し、フェアへの出展を中止することを表明している。

 声明では、「規制の対象や要件はあいまいであり、憲法で保障された表現の自由の精神に照らして大きな問題がある」と指摘。フェアについて、事務局の立場から「参加者の大幅な出展撤回は避けられない。これまでのようなクオリティーを保つのは極めて困難」とフェアの開催へ否定的な見方を示している。(毎日新聞デジタル)

最近、日本の老廃物による暴挙とも言うべき老害行為が目立ってきた。こういうことは国が衰退し、将来を見通せないことから既得権益をより一層強化しようとするあさましい人間が出てくる時によく起こるといわれている。それが何を意味するのか・・・


▲TOP
超朗報!店頭FX・店頭CFD税制改正!一律20%!くりっく365死亡確定
http://matt.livedoor.biz/archives/51108598.html

不景気なのに増税!資本主義なのに金持ちに増税!今まで日本を支えてきた金持ちにさらに増税!と来年からもお先真っ暗な状態の税制改正でしたが、いっぽうでFX投資家には超朗報があります!なんと、店頭FX、店頭CFDが税制改正されて20%申告分離課税とした上で、両者の通算及び損失額の3年間の繰越控除を可能になったのです!これは悪いことばっかりの税制改正において、唯一といっていいほど評価できるものです。

今までFX、CFDには民間業者の店頭FX取引と、公設取引所のくりっく365、くりっく365株が存在します。この取引、同じものなのに店頭FXのほうは税制が総合課税扱いになっており、最大で50%も税金がかかっていたのです。一方くりっく365などのほうは一律20%に抑えられていました。つまり非常~~~~~~に不公平な税制だったのです。一説には天下りをしたい金融庁は差別をしているとも言われていました。しかし、相次ぐ反対意見やくりっく365の向上のために民間業者の意見を飲み込む必要があったこと、レバレッジ規制によって差別化が難しくなったこと、そして最大の要因として ”マット今井” こと今井雅人氏の尽力のおかげでめでたく税制が一本化されることとなったのです。ちなみに店頭CFDも20%になります。最近レバレッジ規制がされたところだったので、CFD投資家の海外流出を食い止める絶好のタイミングになりました。このタイミングは計算済なのかなって思ってしまいますね。

しかしこれによってくりっく365、くりっく365株は相当厳しい状況に置かれることとなりました。くりっく365の魅力は3つあり、マーケットメイカーによる有利な価格、信託保全以上に安全な取引所、税制優遇がありました。しかし実際のところ前の2つは店頭FX業者とほとんど変わりがなく、最後の税制優遇しか魅力がありませんでした。今回の改正によってくりっく365の魅力はほぼ無くなったと言っていいでしょう。ただ、レバレッジ規制によって最近は顧客がかなり流れこんでいたので十分なパイを獲得できており、この改正を受け入れる下地ができたから受け入れたのかもしれませんね。いずれにしよ、今まで店頭FX業者を使っていた方にはくりっく365へ移る理由が無くなりました。

この改正に尽力してくださったマット今井さんに感謝しましょう!


▲TOP
海保が50人以上の大量処分へ 保安官は辞表届を提出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101220-00000500-san-soci

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、海上保安庁が流出への関与を認めた神戸海上保安部の海上保安官(43)を含む上司や関係者など50人以上の職員の内部処分を検討していることが19日、関係者への取材で分かった。保安官が辞職届を提出したことも判明。海保は受理しておらず、年内にも保安官を懲戒処分にするとともに、他の関係者への処分も合わせて行う方針。

 保安官は11月、勤務する巡視艇「うらなみ」の船上で、神戸市内のインターネットカフェから動画サイト「ユーチューブ」に映像を投稿したと上司に告白。映像はうらなみの同僚が海上保安大学校(広島県)の共有フォルダから取り出し保存したもので、一時期、保安官が所属する第5管区海上保安本部(神戸市)内で多数の職員が閲覧していたという。海保は保安官本人に加えて5管本部や神戸海保の上司、海保大学校の職員らの責任についても検討。懲戒ではなく訓告や厳重注意となる職員も含めれば、処分者は50人以上にのぼるとみられる。

命がけの海上保安官を見捨てて、犯罪者の中国人船長を無罪放免。これが売国と言わずにして何になる?


▲TOP
石原の“老害”もここに極まれり
http://news.livedoor.com/article/detail/5218484/

東京都の石原慎太郎知事(78)と大手出版社連合がスッタモンダを繰り広げた“漫画規制条例”が、15日、都議会本会議で賛成多数により可決、成立した。来年7月から、性犯罪を「不当に賛美」したエロ漫画やアニメは販売が規制され、未成年が買えないよう書店やコンビニでは「成人コーナー」に置かれることになる。石原知事は条例の成立を受け、「当たり前。自分の子どもにああいう本は見せられない」と“勝利宣言”したが、ハァ?だ。この条例の目的が「青少年の保護」なら、まったくの無意味だからである。出版業界関係者がこう言う。「今どきの中高生は書店やコンビニでエロ漫画を買いません。携帯サイトで手軽に購入して読めるからです。飛ぶように売れるため、最近の携帯サイトには過激エロ漫画のバナー広告があふれかえっている。読者層には若い女性も多く、エロ漫画を買う勇気がなかった層を掘り起こしています。いまや業界のドル箱ともいわれ、多くのエロ漫画家が携帯サイトに活動の場を移し始めている。そこは強姦モノ、近親相姦モノ、何でもありの“エロ漫画天国”です。それなのに、都の条例では、これらの携帯サイトを規制していないのです」

 一体、どういうことなのか。都青少年課の担当者はこう説明した。

「今回の条例の規制は『図書類』に対するものです。書籍やCD、DVDなどは該当しますが、携帯サイトで閲覧したり、ダウンロードできる電子データは対象外です」表現の自由に踏み込み出版業界を規制強化したくせに、携帯サイトは管轄外とシレッとしている。とんだ“お役所仕事”だ。「結局、エロ漫画はますます携帯サイトに流れるだけ。そのほとんどは、一見ごく普通の漫画サイトに紛れているし、購入代金はポイント課金で携帯料金から徴収されるので、親にバレる可能性も低い。監視が届きにくくなります。何がしたいのか分からない条例ですよ」(別の業界関係者)

石原知事の“老害”もここに極まれりだ。

今年を一言で言うならやっぱり ”老害の年” ではないだろうか? バ管、売国奴センゴク、円高王ノダ、老廃物イシハラ、まさに老害。そんな中で茨城通り魔事件のような勇気ある人もいる。




▲TOP
http://ahkb22.blog112.fc2.com/blog-entry-158.html

・・・・この改正条例からは公権力を有する者が自分が正しいと思っている価値観を市民に押しつけたいというエゴと、漫画・アニメ等という表現手法に対する蔑視・差別感情と、同性愛などのある種の性的嗜好・思想を持つ人間に対する蔑視・差別感情しか感じられない。

まさにこのとおり。ある程度歳がいって頭が鈍くなった老人の中には、とにかく他人を否定することでしか自らの存在を確認できない寂しい人間がいる。そんなかわいそうな人間が権力をもつとこうなる。まさに社会に悪影響を与える代表的例。


▲TOP
.税制改正大綱 高所得者層に負担ズシリ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000010-fsi-bus_all

「高所得者ほど負担増」という税体系を明確に示したのが控除の見直し。年収が増えるほど控除額が「青天井」で増えていた給与所得控除は、年収1500万円超の世帯は控除額を245万円で頭打ちにしサラリーマン全体の1%超(約50万人)が負担増となる。報酬の多い役員の所得控除は一般社員より圧縮。年収2000万円を超すと段階的に控除額が減る仕組みに改める。また、23~69歳の扶養家族を抱える世帯の「成年扶養控除」は年収が568万円超の場合、廃止・縮小される。現在、適用を受けている納税者は約470万人いるが、うち23%にあたる約110万人の税負担が増す。第一生命経済研究所の試算では、23歳以上の子供を養う年収800万~1000万円の世帯では所得税が実質年間7万600円の増税となり、1500万円の世帯では12万6000円の負担増となる見通し。「高所得層では負担が増したと感じる人が多いのでは」と控除の見直しが個人消費を下押しする可能性を指摘する。来年10月に導入する地球温暖化対策税(環境税)は、15年度までに輸入段階で原油や天然ガスなどにかかる「石油石炭税」を5割引き上げる。環境省の試算では、増税を完全実施した場合の家計負担は月100円程度増加するという。内訳はガソリンが1リットル当たり0.8円弱、電気代が1キロワット時当たり約0.1円、それぞれ価格に転嫁される見通し。2400億円という税負担を国民が「広く薄く」負うことになりそうだ。また、バブル以降、相続時の負担緩和のため減税が繰り返されてきた相続税は、今回の税制改正で一転して増税となる。

結局これは増税。控除取り消しや控除対象学の引き下げなどをして、増税というのをできるだけわかりにくくした姑息な戦略以外のなにものでもない。だが、源泉徴収のせいで多くのサラリーマンは増税に疎く、結果さらに貧乏になる。これが増税であることに気づかない人は一生貧乏人だろう。一部のお馬鹿は ”金持ちに増税なら歓迎だ” とかほざくかもしれないが、競争原理の資本主義経済である以上、金持ちにかかる負担を下げて投資を活発にしてもらわないと経済が上向かないのは初歩の初歩。だいたい法人税下げても所得税が上がるなら金勘定に優れた外資企業が来る理由がない。すぐ近くには経済発展著しい中国、税金の安い香港・シンガポールがある。アメリカではブッシュ減税が延長された。景気が停滞しているのに増税なんかしているのは日本だけだ・・・また日本の一人負けが進む・・・


▲TOP
都青少年健全育成条例に反対8割超え!
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php


Yahooでよく行われる意識調査に、都青少年健全育成条例の是非を問うものがあります。個人的には老廃物石原の考えなどを全くしらず ”エロ漫画は規制したほうがいい” と単純な思考で賛成する人がけっこういるのかなと思っていましたが、やはりそんな馬鹿は多くありませんでした。反対は8割を超えており残り2割も、1割はどちらでもないということで賛成は1割だけ。この都青少年健全育成条例は成立すべきでないのが世論です。にもかかわらずのこの暴挙、支持率20%の政権といい、なんだか民主主義がどこかにいってしまったようです。




▲TOP
小学館の忘年会で著名漫画家が乾杯前に異例コメント
http://news.livedoor.com/article/detail/5208600/

2010年12月14日に帝国ホテルで開催された、小学館のコミックグループの忘年会。毎年開催されているこの忘年会だが、今回の忘年会ではいつものように「来年も頑張りましょう」では終わらなかったようだ。超有名カリスマ漫画家のかわぐちかいじ先生が壇上で、東京都青少年健全育成条例改正を熱心に推している石原慎太郎東京都知事に対し、「石原都知事、あんな風に年をとりたくないな」と発言していた事が判明した。これは忘年会に参加した漫画家たちの話により判明したもので、かわぐち先生をはじめ、小学館の幹部も条例改正に対して断固反対する意思を壇上で発言したという。

老廃物石原は「漫画はくだらないもの」、「漫画にかかわる人を低俗・頭の一部がかけている」、「東京国際アニメフェアボイコットについてほえづらかくな」と言いたい放題。そのすべての発言がクリエイターを完全否定するもの。まさしくこの規制も自分が漫画が嫌いだから規制した・・・と言って差し支えない状態。この規制案に反対しているのは、単に表現の問題だけじゃない、こういった職業そのものを否定する老廃物の人物そのものに怒っている。いずれにしても出版社・漫画家を完全に怒らせてしまった以上、東京国際アニメフェアはおわりである




▲TOP
日本のイメージ年齢は、50歳
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101215-00000031-zdn_mkt-soci

今の日本を人間の年齢に例えるとしたら、何歳くらいだと思いますか? 15歳以上の男女に聞いたところ、イメージ年齢の平均は51.7歳であることが、博報堂生活総合研究所の調査で分かった。「日本は諸外国の中で最高齢。また実際の国民の平均年齢と比較しても8歳年上で、熟年国家とイメージされているようだ」(博報堂生活総合研究所)としている。
日本に次いでイメージ年齢の平均が高かったのは米国の47.3歳、スウェーデンの45.8歳、イタリアの44.6歳と続いた。欧米の国々のイメージ年齢は40代だったが、中国、シンガポール、インドなどアジア各国の平均は30代と欧米に比べ若いイメージがあるようだ。

●「日本は衰退目前」悲観的な声が目立つ

日本のイメージ年齢は「50代」と答えた人に、その理由を聞いたところ「バリバリの働き盛り(好景気)はとうに過ぎ去り、これからは老後(経済的に先進国としての役割を終えた後)のことを真剣に考える準備をしなければならない時期に来ていると思うから」(男性27歳)など、衰退目前といった悲観的な声が目立った。また「60代」と答えた人からは「全体的に活気がなく、これからの未来よりも過去の話ばかりをしている人が多いから。未来に悲観的な人が多く、若々しさを感じない」(男性33歳)と、先行き不安に関する意見が多かった。一方「30代」と答えた人からは「若さと勢いでバリバリ働いた20代を過ぎ、今後の歩むべき道を試行錯誤する30代というイメージ」(女性48歳)、「急速なインフラ整備が終わり、生活のゆとりや環境など、次のステップの事柄を考える時代であるから」など、若いころのパワーや勢いは減退しても、今の状況は次のステップに向けての試練と受け止めている人が多い。また「20代」と答えた人からは「知識や技術は熟しているが、社会性、倫理、道徳などが未熟であると思う」(女性53歳)と見た目は大人でも、中身はまだまだ子どもという意見が目立った。

バ管、売国センゴク、老廃物石原、今の日本は世界に相手にされないのに年齢が上だからという理由でのさばっている老害の国というイメージが世界的にも認知されてしまっている。



▲TOP
日本は愚かさと質の悪い指導層、ビジョンの欠如
http://news.livedoor.com/article/detail/5205670/

 【シンガポール共同】オーストラリア紙が12日付で、内部告発サイト「ウィキリークス」から独占入手した米外交公電の内容として報じたところによると、09年、シンガポール外務省無任所大使が米高官と会談した際、アジアで中国が影響力を増す一方で「日本は太った敗者」と批評。日本の地位低下は「愚かさと質の悪い指導層、ビジョンの欠如」が招いたと指摘した。

まさにこのとおりだから言われても、ごもっともとしか返せない・・・。あまりにも何がしたいのかわからん民主、一国の首相が 「いままでは仮免だった」 とか怒りを通り越す呆れたレベル。一体誰がこいつに本免なんか与えるものか、一国の首相としてこれほど責任感皆無なのはある意味すごい。馬鹿にしてる


▲TOP
<石原都知事>同性愛者「やっぱり足りない感じ」
http://news.livedoor.com/article/detail/5192470/

石原都知事は7日、同性愛者について「どこかやっぱり足りない感じがする。遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」と発言した。石原都知事は3日に「テレビなんかでも同性愛者の連中が出てきて平気でやるでしょ。日本は野放図になり過ぎている」と述べており、その真意を確認する記者の質問に答えた。

呆れた・・・、職業差別はおろか、同姓差別、さらにはその親への批判。もうこの爺はダメです。今の東京都はもうろくして自分の考えこそが唯一無二だと信じて疑わないヒトラー並の爺さんの独裁につき進んでいるんですか?



▲TOP
他人を愚弄し、自分の思想ばかり押し付ける化石人間:石原慎太郎
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101204-00000006-maiall-soci

東京都内のPTA団体などが3日、都青少年健全育成条例改正案の成立を求める要望書を都に提出した。石原慎太郎知事は「子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。使命感を持ってやります」と応じた。要望したのは、都小学校PTA協議会(都小P、加盟248校)▽都私立中学校高等学校父母の会中央連合会(同246校)など5団体。都小Pの新谷珠恵会長が「児童を性的対象にすることが野放し状態。子供を健やかに育てるため、社会の力を借りないと環境整備できない」と説明した。一方、学者や評論家らは改正案への反対を訴えて都庁で記者会見した。藤本由香里明治大准教授は「時代物やSF漫画のキャラクターにも現代日本の刑罰を適用するのか。現実とフィクションを区別しない危険な発想だ」と強調した。児童文学者の山中恒さんは「日本の官僚は拡大解釈にたけている」と危惧した。


もはや漫画、アニメ規制にとどまらない時代遅れもいいところの化石人間:石原慎太郎。自分の作品は規制対象外にし、漫画、アニメなどのクリエイターをくだらない人間と差別発言、さらに同性愛をも完全差別、もはや頭がおかしい爺が権力を使って自分の思想を他人に押し付けようとしている独裁者。こんなのが都知事なのが、もはや時代遅れ。早く引退してください


▲TOP
新車販売、3割減=補助金終了の反動拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101201-00000083-jij-bus_all

日本自動車販売協会連合会(自販連)が1日発表した11月の新車販売台数(軽自動車を除く)は、前年同月比30.7%減の20万3246台にとどまった。3カ月連続の減少で、下げ幅は10月(26.7%)より拡大。11月としては1968年の統計開始以来最大となった。このうち5ナンバーの小型乗用車は40.1%減の9万0173台で、9月のエコカー補助金終了に伴う反動が販売に深刻な影を落としている。
 補助金の恩恵を受けたメーカーほど反動減も厳しく、ハイブリッド車「プリウス」の販売を大幅に伸ばしたトヨタ自動車が34.3%減、「フィット」が好調だったホンダが37.6%減、マツダは40.0%減となった。
 「落ち込んだ需要が戻るには数カ月かかる」(都内の販売会社)とみられ、当面は厳しさが続く見通し。ただ、補助金効果による8月までの上積みがあるため、「12月が前年比3割減となっても、2010年の販売台数は322万台程度と、リーマン・ショックがあった08年を上回る」(自販連)という。
 一方、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が同日発表した11月の軽自動車販売台数は、15.9%減の12万0354台。大口受注があったとみられる貨物車が好調だったため、10月(16.2%減)より下げ幅が縮小した。

考えて見ればエコカー補助金やエコポイントは自民時代の景気対策。それも時間切れ。さぁ次の対策は・・・?ん?対策は?あれ・・・?なんかありましたっけ?



▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。