勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
06年の貧困率が15%?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000084-jij-pol
民主党政権になって初めて、日本国内の貧困率を発表しました。
その情報によると2006年時点で、日本の貧困率は15.7%、
つまり6人に1人が貧困層であることが発表されました。

正直なところ ・・・ 「何を今さら?」 といった気分です。
同じように感じている人も多いでしょう。小泉政権からの自由主義政策で
日本の社会は完全な弱肉強食・金が全ての社会に変わり果てました。
金持ちだけがますます金持ちになり、貧乏人はどんどん貧乏になっていきました。
そんな時代が続いているのですから貧困率が高いのは当然です。

しかし今までの自民党政府にとって貧困率の発表など
都合の悪いこと” に過ぎないわけですから公表してませんでした。
そういった意味では民主党政権になったのはよいことです。

ただしこのデータは2006年のものです。
2006年といえば新興国のバブルが絶頂期を迎えており
就職状況も売り手市場になるなど、ちょっと明るかった時期です。
そんな時期ですら15%なのですから、金融危機や雇用不安などで
ガタガタになった2007年以降は、この数値は跳ね上がるでしょう
現に、日本はOECDから日本の労働者の貧しさを警告されているのです。
日本の労働環境は、とても先進国とは呼べない水準なのです。
引用:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-19/2009091901_02_1.html

ちなみに2006年時点でも日本の貧困率は先進国最低です。
OECDが発表した2000半ばの時点で各国の所得分配と貧困を調査したところ
日本の相対的貧困率は、メキシコ、トルコ、アメリカに次ぐ四番目です。
しかも、母子家庭など一人親家庭の相対的貧困率では
なんとブッチギリのワースト1位を記録しているのです。
引用:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-25/2008102501_04_0.html

母子家庭といい、ワーキングプアといい、障がい者といい、
日本という国は、本当に弱者に対して冷たい国であることを
こういうデータが如実にあらわしています。




スポンサーサイト

テーマ: このままで、いいのか日本 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
亀井大臣、経団連を批判!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000108-mai-bus_all

少しずつだが民主党政権になったことで変化が起こっている。

亀井静香金融・郵政担当相は2009年10月5日、東京都内で行われた講演会で、

「日本で家族間の殺人事件が増えているのは、大企業が日本型経営を捨てて、人間を人間として扱わなくなったからだ、日本経団連の御手洗冨士夫会長はそのことに責任を感じなさい」

このように述べてくれた。このコメントについて、多くの人、特に労働者の方はよくぞ言ってくれた!と思ったのではないだろうか。今の日本の労働環境は本当にひどいものだ。年功序列から成果主義に転換したとはいえ、50大、60代の給料はそっくりそのままで、若者だけに成果主義を押し付けて給料を削減している。しかも派遣切り、偽装請負など人間をまるで道具のように、いや道具以下の扱いで簡単に捨てている。そんな扱いをされれば職場環境はギスギスとしたものとなり、その雰囲気は社会や家庭にも波及している。本当にひどく生きずらい世の中だ。

しかし相変わらず 「人をモノ扱いして何が悪い?」
の考え方しかできない悪質企業キヤノンの会長にして
日本経団連の会長でもある御手洗は、この問答に対し、

「私どもの責任ですか」 と答えたという

絶句した人もいるのではないだろうか、それともやっぱりなと感じただろうか。こいつは頭のどこかがもうおかしくなっている。自分さえよければそれでいい。自分が儲かればそれでいい。こんな考えしかできない人間だ。呆れを通り越して、感心すらしてしまう。よくもまぁ、そこまで言えたものだと。そろそろ御手洗にも労働者の刃が向かっていく頃ではないだろうか。「日本経団連御手洗会長、リストラされた元社員により刺殺!」、そんな事件がこの先おこっても、全くおかしくない。御手洗よ、いいかげんにしろ。


FXエントリー 

 


デイトレンドFX




テーマ: このままで、いいのか日本 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。