勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
<階級>バヌアツの人が見たイギリスの階級
月曜にやっている「世界丸見え」の中の「バヌアツ使節団イギリスホームスティ」でバヌアツの人はいくつかのイギリス家族にホームステイしました。


>> この続きはコチラへ

スポンサーサイト

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<格差業界>TV業界
http://npn.co.jp/article/no/10113104/

TV業界というのは最も格差のある業界であり格差業界の代名詞なのですが、報道するマスコミ自体がTVなのであまり触れられてきませんでした。しかしそれが自分の首をしめるような事態になっています!


>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<格差是正>日本電産社長 「休みたいなら辞めろ」発言を否定

http://www.nidec.co.jp/news/indexdata/2008/0428/CMFStandard1_content_view


必然というかなんと言うか、結局発言を否定することになった日本電産社長ですが・・・



>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<格差是正>「休みたいなら辞めろ」発言は暴論?正論?
どうもこの「休みたいなら辞めろ」発言に対してはいろいろな意見が飛び交っています。


>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
進化するモンスターペアレント!
モンスターペアレントの酷さはさらに増しています!こういってはなんですが・・・教育格差以前に親の格差が広がっているようです。


>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<格差是正>「休みたいなら辞めろ」発言の裏
日本電産の永守重信社長は労働者に対して

「休みたいなら辞めろ」

と発言しました!!!


>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<格差是正>連合のメーデー
今日、東京で格差社会を批判する連合の集会が行われました。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080426dde041040048000c.html


>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<外国債券>ブラジルレアルの債券
イートレード証券ではブラジルレアルの債券が発売されました。


>> この続きはコチラへ

テーマ: 勝ち組になる 社会: 格差社会 ジャンル: ビジネス

▲TOP
<初心者>株はギャンブル?投資?

「 株 」 と聞くと拒否反応を示して

あんなもんはギャンブルだ!」

と声高に叫ぶ人がいます。




>> この続きはコチラへ

テーマ: 勝ち組になる 社会: 格差社会 ジャンル: ビジネス

▲TOP
<基本?>通貨の価値
お金の価値ってよくわかりませんね。ただの紙切れに一万円と書かれているだけなのにこの紙だけで米を5kgと交換してくれる価値ある紙。だけどなぜそんな価値を相手が認めてくれるのか考えたことはありませんか?


>> この続きはコチラへ

▲TOP
<基本>お金のことはお金持ちになってからでいい?

まだ若いからお金がない!

お金がないから投資なんてできない!

投資なんてお金が入ってからでいい!

 

こんな考えの人いますか?




>> この続きはコチラへ

▲TOP
<負け組>海外投資のサギに会う年寄り

ニュースで海外投資のワナというトピックスでサギにあった70代の夫婦の話が出てました。




>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<VIP+T>T=タイに投資する方法

タイといえば、93年の米不作の時はタイ米などが大量に輸入されましたね。そんなお米のイメージがあるタイですが、ASEANリーダー国でもあり、東南アジアの牽引役です。タクシン首相の亡命やクーデターなど近頃騒がしいことが多いですが、総選挙が行われやっとちゃんとした政府ができファンダメンタルも良好な今、他の東南アジアと比べると株価も割安な状態ですから大きな発展が見込めます

 

そんな今が絶好のしこみ時のタイに投資する方法とは?

 

 




>> この続きはコチラへ

▲TOP
通貨記号一覧
通貨の記号一覧です。ユーロなど統一通貨ができてもまだまだ多いですね・・・


>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<VIP>P=フィリピンに投資する方法

フィリピンといえば主に「バナナ」「出稼ぎ姉ちゃん」他には「家政婦さん」や「技術者」の印象も強い南国の労働力豊かな国です。サッカーの中田選手がスラムの子供とサッカーをしていましたね。

フィリピンの経済はアジア通貨危機でそれほどダメージを受けずまたアロヨ政権のおかげで回復が早く中国、ベトナムの発展につられるように経済発展が起こっています。

 

ではバナナのように伸びる国・フィリピンに投資する方法とは?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
72のプリンシブル
複利でまわしてお金が2倍になる違いを表す式が「72のプリンシブル」という法則です。




>> この続きはコチラへ

テーマ: 格差・階級 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
<VIP>I=インドネシアに投資する方法

インドネシアへの投資方法は

 

<VISTA>I=インドネシアに投資する方法 のほうをご覧ください。

 

 

 




テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<VIP>V=ベトナムに投資する方法

ベトナムへの投資方法は

 

<VISTA>V=ベトナムに投資する方法 のほうをご覧ください。

 

 

 




テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<MEDUSA>SA=サウジアラビアに投資する方法

サウジアラビアといえばアラブを代表する国ですね。

現在サウード家を王室とした世界最後の王国です。

イスラム教の聖地メッカがこの国にあることからイスラム社会のドンでありその影響力はすさまじいもので「眠れる巨人」と恐れられています。

また世界一の石油埋蔵量を誇り石油による莫大な収入によって国家は繁栄しています。そして中東の発展を期に眠れる巨人が起き始めたのです!

 

さて、そんな起き始めた巨人・サウジアラビアに投資する方法とは?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<MEDUSA>DU=ドバイに投資する方法

ドバイは少し前まで砂漠が広がる国だったのですが、今は世界のクレーンの3分の1はドバイにあるといわれるほど開発が盛んです。また観光立国としても成功し、世界の名だたる名士たちがこぞって訪れる金持ち国となっています。

 

そんな金持ち国家ドバイへ投資する方法とは?

 




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<MEDUSA>E=エジプトに投資する方法

エジプトといえば、ピラミッドやスフィンクスなど古代文明で超有名ですね。しかし今のエジプトは古代文明とは真逆に近代化が進んでいます。中東の発展が同じイスラムのしくみをもつエジプトにも恩恵をもたらしたのです。古代文明の国から近代文明の国へと変貌したのです

 

さて、そんな古代から近代化したエジプトに投資するには?

 




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<MEDUSA>M=マレーシアに投資する方法

マレーシアといえば東南アジアになる南国の国でいうイメージですね。物価が安く生活しやすいということでリタイアした人たちがセカンドライフを楽しむために移住する国としても有名ですね。セカンドライフの候補地ということでとても生活しやすい国であり、かつイスラム金融が発達していて中東と同じように経済発展が盛んです。

 

さて、そんなセカンドライフ候補地・マレーシアに投資するには?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<VISTA>A=アルゼンチンに投資する方法

アルゼンチンといえば、マラドーナ、メッシといった世界レベルのサッカー王国やアルゼンチンタンゴのイメージが強いですね。広大な土地を利用した農作などで隣国ブラジルの成長につられるようにアルゼンチン経済も発展し続けています。

 

さて、サッカー選手と同じく金の卵が眠るアルゼンチンに投資するには?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<VISTA>T=トルコに投資する方法

トルコといえば「トルコ行進曲」、世界3大料理のトルコ料理、2002年W杯で日本を負かしたイメージなどがありますね。ヨーロッパとアラビア、アジアの中継点にもなっていて様々な文化が混じっています。また長年ロシアに苦しめられた経緯から日露戦争でロシアを負かしてくれた日本にとても友好的で世界一の親日国とも言われています。

ヨーロッパ、アジア両方の恩恵をとり急速に発展してきました。

 

そんな、親日的なトルコに投資する方法とは?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<VISTA>S=南アフリカに投資する方法

南アフリカといえば教科書で習ったアパルトヘイトのイメージが強いですね。また2010年のサッカーW杯のアフリカ開催地として一躍有名になりました。また金やダイヤ、プラチナなど貴金属の産出も著しくそのまんまお宝が埋まっている魅力的な国ですね!

 

では、そんな宝の国・南アフリカに投資するには?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<VISTA>I=インドネシアに投資する方法

インドネシアはインドと勘違いするちょっとイメージのわきにくい国ですが、スマトラ沖地震の被害国です。しかし大きな地震の被害にめげることなく経済成長を遂げています。スマトラ湾は世界の海洋道路ですし、地下には豊富な天然ガスが眠っているお宝の国です。

 

さて、そんな発展国インドネシアに投資するには?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<VISTA>V=ベトナムに投資する方法

ベトナムといえば、あの泥沼のベトナム戦争が思い浮かびます。あの戦争によって国土も人もボロボロになったベトナムでしたがドン底から這い上がった奴は強いことに今のベトナムは「第2の中国」とも言われるほど発展して、中国から工場を移す日本企業もいます。

 

さて、そんな発展国ベトナムに投資するには?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<BRICs>C=中国に投資する方法

中国といえば中華料理や三国志、パンダなどなど印象が最も強い国の一つですね。北京オリンピックも開催されます。13億という途方も無い人口と急速な経済発展をとげる上海など今の日本に与える影響は計り知れませんね。

 

さて、そんな大国・中国に投資するには?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<BRICs>I=インドに投資する方法

インドといえばカレーですね。ちょっと前まではカルカッタは世界で最低な場所という貧しい国というイメージが強かったのに、今や先進技術が発達しIT=インドというイメージとなり、10億という膨大な人口を抱え将来的には世界一の大国になると言われるほどの将来性のある大国となりました。

 

さてそんな将来性のあるインドに投資するには?





>> この続きはコチラへ

テーマ: 資産運用 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP
<BRICs>R=ロシアに投資する方法

ロシアといえば世界最大面積の国、とにかく寒いというイメージがある日本にかなり近い国です。ほんの10年前は国家破産をしたのに今は高騰する原油価格のオイルマネーで急激に潤っている状態です。ドン底から這い上がったロシアはいまや世界の超大国として復活しつつあります。

 

さてそんな巨大な国ロシアに投資するには?




>> この続きはコチラへ

テーマ: 投資信託 社会: 格差社会 ジャンル: 株式・投資・マネー

▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。