勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



▲TOP
スクールカースト・・・学力の階層社会化
前回のスクールカーストについて取り挙げましたが今日TVでやっていた「たけしのTVタックル」で説明されていたように学歴の階層社会化というのがわかりやすいのかもしれません。


・ゆとり教育の結果子供たちの学力は低下してバカが増えた
・OECDという先進国の学力平均を大きく下回るのが日本の現状
・それに危機感を感じた親たちはこぞってレベルの高い中高一貫教育の所に集まっている
・頭のいい子は私立に集まり、それ以外の子は公立に行くという縮図ができている


そうして学歴社会を批判して作られたゆとり教育が結果的に学力の2極化を生み、学歴の階層化を招いてしまったなんとも皮肉な結果になってしまったわけですね。しかしゆとり教育に賛同できなくて中高一貫の私立に子供を通わせたくても頭の痛い問題があります。

・ひとつはやはり”お受験”と言われる入学試験です
さきほど述べたように危機感をもった親が集まりますのでただでさえ難しい試験なのに加えて倍率がとても上がります。よくTVで紹介されているお子さんは私立中学を10校ぐらいぶっ続けで受けるようで親も子も必死なのが伝わってきます。しかしこの難関は勉強ができれば解決できるので次の問題に比べればマシかもしれません。

・ふたつめはやはり切実な 「 お 金 」 の問題です。
これがこのブログにもっともふさわしい内容です。子供を私立に入学させるには避けても通れない金の問題をクリアしなければなりません。入学金、授業料はもちろん各種管理費や寄付金、会合の集金など公立とは比較にならないほどお金がかかります。ハッキリいって格差下流の人にとってこのお金は払えないのです。自分が生活できなくなってしまうからです。もちろん奨学金などのカバーもあるにはあるのですが、これを受けられるのはほんの一部の”超”がつくほどの成績優秀者のみです。学校のレベルが高いものですからそのレベルの優秀といいますともう全国TOPレベルになってしまいます。また私立校のほうもそういった優秀な生徒には学校の広告塔になってもらえるため優遇します。逆に言えばそれぐらいレベルが高くないと補助してもらえないのです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
まとめ
・日本の教育はなにもかも時代遅れである。そんな教育を受けていても役に立たない
・それを脱するには有名私立のエリート教育が必要である
・私立にはお金がかかり結果的に貧乏人お断りになってしまっている
お金持ちはいい教育を受けられて貧乏人は受けられない
格差が世代を経て遺伝される。 格差固定 → 階級社会化

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こういった学歴の面でも勝ち組負け組で受けられる教育レベルが決まってしまうこれがスクールカーストである。
しかしだから”あきらめろ”っていうのは救いがありません。幸か不幸かまだ学歴の階層化、2極化は始まったばかりで定着はしていません。つまりこれから対策をすればまだ間に合うのです。



>> この続きはコチラへ

スポンサーサイト

テーマ: 教育問題について考える 社会: 格差社会 ジャンル: 学校・教育

▲TOP
スクールカーストとは?
スクールカーストという言葉、聞きなれない言葉ですが最近できた造語です。
文字通り「学校」と「カースト制度」を組み合わせたものです。

ところでカースト制度って覚えていますか?中学レベルの知識ですね忘れているとちょっとヤバイかもしれませんwww

・カースト制度 ・・・ インドのヒンドゥー教の教えでいわゆる階級制度です。

昔の日本にも同じような階級制度がありましたね、そう江戸時代の士農工商です。親の職業、地位、身分がその子孫の立ち位置を決め付けてしまうとっても強引な制度でした。


さて、本題ですがスクールカーストと聞いて勘の鋭い人ならすぐわかるかもしてませんが要するに親の身分、地位、収入によって行ける学校が決め付けられてしまうということですね。
ぶっちゃけて言うと金持ちの家は金持ち御用達の私立に行き、貧乏人は金がなくてもある程度行ける公立に行くということです。幸い今のところはそういう傾向ができてきたというレベルの段階ですがこのまま格差が広がり2極化していくとほとんどお金で行ける学校が決まってしまうという教育の自由がなくなるとんでもない環境になってしまいます。

アナタの学校はどちらに相当するでしょうか・・・


テーマ: 中高生の親 社会: 格差社会 ジャンル: 学校・教育

▲TOP
学校の勉強は役に立つか?
学校の勉強は役に立つか?

これは社会に出た大人だけでなく学校に関わる生徒や教員すべての疑問でしょう。


結論から言います :役に立ちません

いや、役に立たないというより役に立てる方法を学校では何一つ学べないからです。

一例を挙げます。
特に何のためにやるのかわからない”数学”そのなかの数列に関して

「複利の計算」というものがあります。

それが何だって?役に立つのか?という文句が出ますがこれを知っているかいないかで大きく金持ちと貧乏人との差が出ます。というのも資産運用に関して複利で運用できることで金持ちに大きく近づけることができるのです。・・・のはずですが、多くの人は数列を学んでも生かすことはできず貧乏なままです。それも学んだ知識をどう使うかを知らないからなのです。


テーマ: 中高生の親 社会: 格差社会 ジャンル: 学校・教育

▲TOP
はじめに
まずは最初の状態。

ここを見ている人は中流か下流でしょう。
本当に金持ちや”住む世界が違う人”なんかはこのブログを見ませんよねwww


▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。