勝ち組・負け組分析ブログ
カテゴリー

満月

FX会社徹底分析

さらなる分析

このサイトはブログよりさらにしっかりと細かい分析をしています

ついに来た預金封鎖!キプロスでお金が下ろせない事態に

 欧州連合(EU)ユーロ圏財務相会合がキプロスへの財政支援と引き換えに全ての銀行預金への課税を決めたことを受け、キプロス政府は16日、全銀行口座からの引き出しを制限する預金封鎖を開始した。ロイター通信などが報じた。

通常は土曜日も開店している小口金融機関が閉店しているほか、現金自動預払機(ATM)からの引き出しやインターネット上での資金移動も制限されている。一部銀行店舗では、早朝から預金を引き出すため預金者が列をつくる騒ぎもあった。18日はキプロスの休日で、同国議会は銀行が営業を再開する19日までに必要な法律を可決し、課税を完了する。

預金封鎖は全預金のうち、課税対象となる10%弱の部分が対象。預金への課税はこれまでギリシャなどでも行われなかった異例の措置だ。キプロスの銀行口座保有者の半数近くはロシア人とみられており、ロシアの富裕層や犯罪組織による脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)の可能性が指摘されている。

預金封鎖とは政府によって全銀行の口座が封鎖されてお金を下ろせないようになることです。要は政府による国民の資産没収というわけです。今までハイパーインフレなどから預金封鎖の話があっても、日本は先進国だ。日本はIMF出資国だ。という話で ”ありえない” 話になってしまいますが、今の世の中一瞬先は闇であり、いつ何時なにが起こるかわからない時代です。預金封鎖も以前イタリアの一部で実施されるなど、着実にひたひたと迫ってきています。いまや先進国のほとんどが破産寸前の借金をかかえており、いつどこの国で破産デフォルトと預金封鎖が実施されるかわかりません。今の株高円安は破産前に資産を増やせる最後のチャンスと言っていいでしょう。ここで資産を増やせないと、やがて来る預金封鎖の時にひどい目にあう可能性が高くなります。




スポンサーサイト
▲TOP
貧乏人ほど宝くじをたくさん買うことが判明
宝くじは一夜にして富を手に出来る数少ない方法ではありますが、その確率は微々たるもので、当選を期待しても世の中そうそう上手く行ってはくれません。 ところが低所得の人ほど、宝くじにお金をたくさん掛けていることが調査によって判明しました。 アメリカの調査ですが、年収13000ドル(114万円)以下の家庭では、平均すると一年に645ドル(約5.6万円)を宝くじに費やしていることがわかり、これはなんと年収の9%に当たるそうです。 もちろんこれが日本でも当てはまるかはわかりませんが、生活が困窮しつつも9%を宝くじに費やすというのは驚きの結果です。

それでも買い続ける人が多いのは、当選したときの途方も無い額を無視できないことや、買うことそのものが習慣的になることが挙げられるようです。 この調査に対する、海外サイトの反応を抜粋してご紹介します。

・ほとんどの人々は自分が195249054分の1をつかむと期待しているんだ。
・買わなきゃ当たらないだろう。
・貧乏人は貧乏でいることを楽しんでいないし、これは簡単で最も早くリッチになる方法なんだ。
・いわゆる無知なやつに課す税金が宝くじさ。
・実際に当選した奴の人生がどうなったかを思うと、高額当選をしたいわけじゃない。僕が宝くじを買う理由はこれが安い精神安定剤だからさ。
・期待いっぱいのファンタジーさ。金持ちに近くなったような気持になれるのさ。貧乏じゃない人でも宝くじをやる人は多いよ。もう習慣になっている。愚かと思うかもしれないが、誰しもギャンブルしたことはあるんじゃないかな。僕はギャンブルも宝くじもしないが、株や投資はする。くそ、やっぱりみんなギャンブルするってことだ。
・もっとも正当な経済理論では、貧困者はギャンブルによって最も実利を得、富裕者は保険をかけることによって実利を得る。
・13000ドルの9%は645ドルじゃないんだけど?
・13000ドルではなく、13000ドル以下の家庭だよ。
・時々宝くじを買うが、理由はひとつだ。夢を見たいからさ。
・当たらないことはわかっているが、くじを持っているときに億万長者になったらどうするかを夢見ることは楽しい。統計的には当選する確率は低いが、夢への小さな何かを与えてくれる。
・チャンスが何もない人の希望だよ。


まぁ、貧乏人の儚い夢として買うのは別にいいんですけどね。こんな名言があります。 『宝くじは愚者の税金である』 そう、多くの人が ”当たったこと” ばかりを考えて、他のことを全く考慮していません。これはロバートキヨサキ氏の名言にもある 「金持ちは最悪の事態まで想定している。貧乏人は最高の事態しか想定しない」 にピッタリ一致していますね。自分で頑張ろうとせず、最も当選確率の低いギャンブルにお金を入れ込み、当たったことばかり考えて目の前にある現実を直視していない他力本願。こういった人間を貧乏人というのです。それでも買う人は後を絶ちません、だからこそ国は国家機関以外が宝くじを主催することを認めず、『愚者の税金』 として愚かな貧乏人から税金を巻き上げているのです。



テーマ: 政治・経済・時事問題 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
就職希望者大増!ますます就職戦線は激化する

文部科学省の発表している学校卒業者の進路データによると 近年の大学生の数は55万人に上っています。一方で採用枠は40万にいかない。 つまり計算上は15万人ほどが就職できないことになります。 エンゼルバンクでこの数字を出して就職氷河期ではない、企業は採用を減らしてない とかいっていますが、10万人以上が就職できない事実は変わりません。

就職状況のデータを算出するディスコによれば、 今年だけで就職できないまま卒業を迎える人は10万人を超え、 実に卒業生の5人に1人は職なし状態のまま放り出されてしまいます。

しかし日本では 「ハラキリ」 というただ1度の失敗も許さない文化がありますから、 一度新卒で就職できなかった既卒者には社会的な制裁を与える国です。 新卒で無い人は”欠陥品”の烙印を押され、ほとんど企業からは見向きもされなくなってしまいます。 この恐怖に怯える学生は、なんとしても”新卒”のネームバリューを捨てたくはなく 専門学校や大学院へ進学したり、意図的に留年する就職留年する人も増えています。

しかし彼らは2010年に就職しないだけで来年や再来年にはまた就職戦線に戻ってきます。 しかも1年で10数万人は就職できないわけですから、その数も膨大です。 例えば来年の2011年度新卒者の就職戦線においては

その年度の現役卒業生50万人

去年、一昨年に専門・大学院へ行った者

去年の就職浪人

という構図ができあがってくるのです。一体何十万人になってしまうのでしょうか? 進学や浪人する人がいると言っても普通はたいしたことないほどの人数ですが、さすがに今年度の就職氷河期ではその数もかなりのものになってきます。来年になっても多くの企業は採用枠を増やすことに消極的ですし ”神風” でも吹かない限り、来年の就職戦線もひどいものになります。 本当に、どうにかならないものでしょうか・・・




テーマ: このままで、いいのか日本 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
さすがはキヤノン!労働者を部品扱い・・・
労働者のハナシは一切聞かずに派遣なんて使い捨てだ
解雇するやつには退職届けを書かせて 負担金を減らせ・・・
などの悪行が横行しているキヤノンですが、
その労働環境をみてみると、信じられないことが起こっていました。


>> この続きはコチラへ

テーマ: 政治・経済・時事問題 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP
労働者の弱い立場につけこむ悪質な企業キヤノン

Yahooニュース:解雇なのに「退職届」…名古屋の会社 
またも企業の悪質な行為が明るみになりました。しかもまたキヤノンです。キヤノンといえば 「派遣なんて使い捨て」 「派遣のくせに」 で日本経済界のガンとも呼べる御手洗が会長をつとめる悪質な大企業ですが、またも悪質な行為をしていることが判明しました。解雇するはずの労働者に、退職届けを書くことを強要したのです。




>> この続きはコチラへ

テーマ: 政治・時事問題 社会: 格差社会 ジャンル: 政治・経済

▲TOP

勝ち組候補者

リンク

相互リンク募集中です。一緒に勝ち組を目指しましょう